-2018年ほうき草一覧 -

2017年ほうき草PJ一覧

2016年ほうき草PJ一覧

ほうき草PJ

2018年4月17日 ほうきの再生の仕方について

2018/04/18

異国中国に出張中、菜の花が一面に咲き広がっている風景を目にしました。思わず車を止めてもらい、しばらくの間、眺めていました。

この時期になると、淡路島の菜の花を思い出します。亡くなった母が晩年、一度は見てみたいと言っていた淡路島の菜の花。連れていくことは叶いませんでしたが、いつかは代わりに行ってみようと思いつつ、未だ実現していません。今年も無理かな・・。

母との思い出はあまりありませんが、その分、大切にしたい思い出の一つです。

さて、今回は箒(ほうき)の再生の仕方。癖がついてしまった穂先を元の状態に戻す方法をお伝えします。


ほうきの再生の仕方について
写真のように穂先が曲がった穂を修正していきます。


ほうきの再生の仕方について
ぬるま湯(お風呂に入るくらいの温度)に5分ほど付け込み、湯もみをします。


ほうきの再生の仕方について
ほうきの再生の仕方について
こんな感じでやさしく湯もみします。


ほうきの再生の仕方について
その後、余計な水分を拭き取り、風通しの良いところに日陰干しします。


ほうきの再生の仕方について
ほぼまっすぐになりました。


ほうきの再生の仕方について
若干、曲がった(癖がついた)方向に戻りますが、この通り、箒が再生しました。

一生懸命にお掃除していれば、どうしても穂先は曲がってしまうものです。曲がってしまった場合には、ぜひお試しください。

コメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、 が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


ほうき草PJ

2018年4月9日 畑が決まりました!

2018/04/11

踏んだり蹴ったり・・。二度あることは三度ある・・。

不吉な言葉を並べましたが、最近は残念ながらついていません。極めつけが昨日、携帯を落として画面にひびが入りました。「こんなもんだなぁ」と自嘲しつつ、ついていない日々が続いているのであきらめも早くなりました。

しかししかし、「ついていない」という言葉を連呼すると、とことん「ついていない」ことが続くようです。口癖のようになっている「ついていない」を「携帯がどぶに落ちなかっただけでもついている」と無理やり「ついている」感を引き出し、現在格闘中です。

ところで、ほうき草の栽培地が決定しました。今回はここです。


畑が決まりました!

と言っても分かりませんよね。
実はここ、ほうき草PJ1年目に耕作放棄地を再生した場所。その後、キャベツなどの栽培に利用していた畑を利用させて頂ける事となりました(約1反ほど)。


畑が決まりました!
調整中の畑。

今年も2反ほどの畑で作りたいので、斜向かいの遊休農地(1.5反ほど)も利用させて頂けるよう、調整中です。
いよいよ、ほうき草づくりが始まります。心機一転、頑張らねば!

コメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、 が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


ほうき草PJ

2018年4月2日 発芽しました。

2018/04/04

今年の花粉はきつい・・。ここ浜松ではそんな言葉がよく聞かれます。皆さまの地域ではいかがでしょうか?

最近、花粉症にも負けず近くの公園を散歩するのですが、くすぐるようなかわいらしい鳥の声が聞こえてきて、ほんわかした気持ちになります。会社と家だけの往復だとなかなか味わえない不思議な気持ちです。

花粉はきついですが、季節を感じるのはやはりいいですね。

さて、蒔いた種ですが、無事に発芽しました。発芽率は約60%程度で、良い状態とは言えませんが、使用できる状態です。


発芽しました。
前回、JAとぴあ浜松 育苗センターにて発芽試験を実施させて頂きました。


発芽しました。
種蒔きから10日目の全体の様子です。芽の出ている苗は順調に育っている様子です。

この後、本番の種蒔きに向けて、種をさらに選別し、発芽率が上がるよう準備を進めていきます。
60%の発芽率を想定し、本番は1つのポットに2粒ずつ種を蒔き、苗を作る予定です。
今後のスケジュールとしましては、5月10日頃にポットへ種を蒔き、5月20日頃に畑へ定植するつもりです。

コメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、 が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


コメント

伊豫田 英人 より
2018.04.05

今年も植えるんですね。成長が楽しみです。

ほうき草PJ

2018年3月23日 発芽試験を行いました。

2018/03/27

早いもので、ここ浜松ではあっという間に桜が咲き誇り、いつの間にか春が訪れていました。ソメイヨシノもいいですが、山間にポツンと、でも力強く咲く山桜を見ると、心が強くなっていくのが分かります。

大きな流れに乗るのもいいですが、たとえ横道にそれたとしても、堂々と咲き誇りたいものですね。

さて! 世の中の流れに乗っているかどうかは分かりませんが(多分、乗っていませんが)、今年も元気にほうき草作りを進めていきます。

今回、その第一弾の活動として、3月23日(金)JAとぴあ浜松さんの施設をお借りし、発芽試験の準備を行いました。


発芽試験を行いました。
まずは、種のもみ殻を落とし、荒選別を行います。
ザルや種同士を手で擦り合わせ、もみ殻を取り除きます。


発芽試験を行いました。
その後、種を入れたバケツに水を入れ、中身のある良い種と中身の無い悪い種(軽い種)を選別します。
水に浮いた悪い種を廃棄し、中身のある種(水に沈んだ種)を利用します。


発芽試験を行いました。
全体のおよそ3分の1が良い種として残りました。


発芽試験を行いました。
128穴のポット4枚をお借りし、発芽試験を行います。1穴ずつ漏れのないように手で種を蒔いていきます。


発芽試験を行いました。
4枚のポットに種を蒔いた後、上から再度、土を被せます。


発芽試験を行いました。
土をならした後、全体にたっぷり水を撒きます。


発芽試験を行いました。
ポットをハウス内に移動し、発芽試験を行います。多くの苗が育てられている中で、
隅の一角をお借りし、ホウキ草を並べました。


発芽試験を行いました。
順調に行けば、4~5日ほどで発芽が確認できる予定です。

引き続き発芽状況を確認し、種がどの程度使える状態であるか確認してまいります。

コメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、 が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


ほうき草PJ

プロローグ

2018/03/20

浜松では梅の花が見頃を終え、次は桃か、桜かなどと思っています。

この時期の花はいいですね。
厳しい冬を超え、一斉に咲き始める花を見ると、明日への活力がみなぎります。

とはいえ、冬という季節が不要かというとそうではなく、それぞれ冬の間に栄養をため込み、来るべきときに備えてじっと、でも少しずつ活動しています。

待つことも大切ですね。

生長(成長)を期待するあまり、無理を強いられている昨今の社会を見ると、痛切に考えさせられます。

さて、今年のほうき草プロジェクトもいよいよ「はじまり」の時期が迫ってきました。

今年もたくさんの人の縁を育みながら、ほうき草プロジェクトを元気に行っていきたいと思っています。

今年も宜しくお願い申し上げます。

コメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、 が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


2017年ほうき草PJ一覧

2016年ほうき草PJ一覧

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴