-2019年ほうき草プロジェクト記事一覧-

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 22

2019/12/26

2019年12月6日 ほうきの編み込み 師匠に近づくための課題。 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、自ら手を挙げ、箒職人になるべく奮闘中の伊藤さん。さて、今の活動は・・・

6日、本日は午前中に原料の選別を行い、午後から編込みの練習を行いました。
まだ綴じの工程まで至っておりませんが、どうしても形がしっくりきません。師匠の見本サンプルと比べて、問題点を確認してみます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から22
編み込み途中ですが、全体の様子です。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から22
  師匠鈴木氏の見本サンプルです。
ほうきの穂首部分が、なだらかに弧を描きながら平行に揃っております。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から22
  並べて比較してみました。
左:伊藤作 右:師匠作 

やはり耳と呼ばれるパーツの穂の並び方に問題がありそうです。耳を編込む際、糸を斜めに掛けることばかりに気を取られ、パーツ全体が斜めに作ってしまっているようです。耳のパーツ自体が傾かないよう、意識して練習を重ねていきたいと思います。

まだまだ十分に編み込めない自分に歯がゆさを感じつつも、箒の奥深さ、先人たちの知恵をかみしめながら、日々過ごしています。
今年の更新はこれでおしまいですが、来年お会いした時には驚いてもらえるよう、修業を続けたいと思います。たくさんの応援をいただき、本当にありがとうございます。
よいお年をお迎えください。来年も、皆さまにたくさんの幸がありますように。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 21

2019/12/23

2019年11月29日、12月2日 ほうきの編み込み 反復練習の日々です。 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、自ら手を挙げ、箒職人になるべく奮闘中の伊藤さん。さて、今の活動は・・・

29日、本日も1本編込みました。編込み部分は比較的上手くできた手応えです。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
全体の様子です。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
  原料の色がまだらですが、練習用なので色が悪い物も使用しました。

実際に商品を作る際は、原料(茎も含めて)の色味も加味する必要があると考えます。
綴じの部分ですが、赤線のようにもう少し穂首に対して平行に糸を掛ける必要がありました。練習も兼ねて、一旦綴じを解き、やり直してみたいと思います。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
  表裏のバランスを確認しました。
  曲がりやバランスを確認します。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
  少し曲がっている様子です。

この辺りも編みながら木槌で叩いて修正できますし、柄の取り付け方で改善できるポイントだと思うので、意識して作りたいです。

12月2日、本日は先週編込んだほうきの「綴じ」と呼ばれる工程を修正しました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
練習を兼ねて、一度綴じを解き、やり直してみます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
  前回よりも良い位置で綴じられており、形の収まりも良いです。

小編み(赤丸)の位置が少し下になってしまいましたが、こちらも繰り返し練習し、生産のスピードを上げていきます。
今年ももう少しで終わりです。箒職人の道を歩み出し一年が経とうとしていますが、やればやるほど自分の未熟さが見えてきています。ただ、面白さも感じています。
今年一年を振り返った時に後悔しないよう、残りの日々を過ごしたいと思っています。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 20

2019/12/19

2019年11月25、27日 ほうきの編み込み 編み込みの反復練習です。 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、自ら手を挙げ、箒職人になるべく奮闘中の伊藤さん。さて、今の活動は・・・

25日、本日も編込みの練習をおこないました。
全体のバランス・玉の位置を意識して編込みました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
  全体の様子です。
先日の反省を生かし、全体のバランスとしてはまずまず均等が取れています。

今回は少し茎の太い原料を使用し練習しましたが、胴締め部分もコンパクトにまとまっています。
柄の取り付けが少し真っ直ぐではなかったように感じます。次回は注意して組み付け、様子を確認してみたいと思います。
右を意識すれば左の意識が弱くなり、逆もしかりです。だんだんと意識せずとも意識が行き渡るようにしていきたいと思っています。

27日、本日は原料の選別と、空いた時間で茎を使った編込み練習を行いました。
目の大きさと糸の通し方を意識して作業できました。練習ではありますが、なかなかの手応えです。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
全体のバランス・玉の位置を意識して編込みました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
  師匠のサンプルと見比べてみます。
左:伊藤作 右:師匠サンプル

目の均等さ、糸の掛け方など、少し近づいた気がします(気のせいで無ければ良いのですが。。。)


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
  編み目の幅(高さ方向)を比べてみました。

目測ですが、ほぼ平行に同じぐらいの幅で編めております。
こちらの幅は意識せずに作業しましたが、ほぼ同じサイズ感で仕上がりました。目の大きさ・バランスが良くなってきている結果だと感じます。実際の穂を扱う際に、成果が発揮できるよう引き続き鍛錬します。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 19

2019/12/16

2019年11月18、19、21日 ほうきの編み込み 苦手な“耳部分”などの編み込みの練習です。 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、自ら手を挙げ、箒職人になるべく奮闘中の伊藤さん。さて、今の活動は・・・

18日、本日も編込みの練習を集中的におこないました。
茎を利用し、耳部分の編込みを繰り返し練習しました。特に苦手なところなので、ポイントとなる目を均等に揃える点と、糸を掛ける位置を意識して作業しました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
茎を再利用して編み込みの練習を行います。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
間延びすることなく密に、均等に編めています。
意識して作業した分、先週よりも良い手応えで編めました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
先週の編込みと並べて比較してみました。
左:先週の編込み、右:本日の編込み

均等にバランス良く編めるようになってきました。感覚が体に身に付くように反復練習します。

19日、本日も引き続き、茎で編込みの練習をおこないました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
 手ごたえを感じています。

編み目のバランスや力の入れ方など、感覚を掴みつつあります。
明日は、完成品の状態で1本編み上げ、練習の成果を見てみたいと思います。

21日、今までの練習を基に、本日は1本編込みをおこないました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
 全体の様子です。
どうも全体のバランスが崩れているように見えます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から19
 赤線のライン辺りに穂首(穂の分かれ目)を揃えたいところです。

耳部分の編み目も少し粗くなってしまいましたが、その他は、比較的上手にできました。
次回は今回の反省点を踏まえて全体のバランスを意識して編込みます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱

2019/12/12

2019年11月14日 ほうきの編み込み 苦手な個所を集中して練習します。 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、自ら手を挙げ、箒職人になるべく奮闘中の伊藤さん。さて、今の活動は・・・

14日、本日は耳部分の編込み工程の練習を集中しておこないました。
余った茎部分を利用し編込みサンプルを作っることで、原料(穂)をムダにすることなく、編込み工程の練習ができます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
写真は、一番最初に師匠鈴木氏の講習を受けた際に作って頂いた見本です。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
茎を利用して練習を繰り返します。

課題となっている編み目のバランス・糸の置き方を意識して同じように作ってみました。
効率よく、じっくりと考えながら作業できるため、良い練習になります。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
同じ個所を集中的に練習できます。

編み目の大きさやバランスは均等に保たれて編めております。
もう少し、皮穂(皮穂に見立てた茎ですが)を押し上げて、赤線のあたりに糸を通せた方が良かったです。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
コツがつかめてきました。

反対面も同じように、もう少し押し上げて皮穂を付けていった方がきれいにまとまります。
練習方法としては、効率よくレベルを上げれそうなので、続けて作業してみたいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑰

2019/12/09

2019年11月11日、12日、13日 ほうきの編み込みの練習をします。 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、自ら手を挙げ、箒職人になるべく奮闘中の伊藤さん。さて、今の活動は・・・

明治神宮の例祭に参加したことで、気持ちを新たに頑張ろうという気持ちでいっぱいです。一つ一つ丁寧に、練習を積んでいきたいと思います。

11日、本日から手編み箒の練習を再開しました。
鈴木氏にアドバイスいただいた点を再確認しながら進めましたが、全体のバランスは少し崩れてしまいました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
綴じと編み込みのバランスが甘くなっています。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
課題としていた胴締め部分は、以前より細めにまとまり、改善方向です。

鈴木師匠のアドバイス通り、途中でしっかりと余分な茎を落とすことができました。
引き続き、修正点を頭に置きながら編込みの練習を続けたいと思います。

12日、本日は、綴じの工程と小編みの工程を集中的に練習しました。
いずれも最終に近い工程で、まとめの部分になるため、製品の見栄えにも影響します。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
綴じの工程です(横一直線に編み込んでいる箇所)。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
小編みの部分です(綴じの上に、綴じと平行に編み込んでいる箇所)。

きれいかつ短時間で作業するには、まだまだ練習が必要です。
何度も解いて、繰り返し練習しました。

13日、本日は編込みの練習をしました。
編み目の目の大きさやバランスを意識して作業しました。
外側から内側に掛けて(矢印の方向に)、細かい目から粗い目にだんだん大きくしなければなりません。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
まだまだ不揃いです。

次は重点的に、耳部分の編込みの練習をおこないます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から⑱
横からの編込み部分です。

表裏のバランスとしては、まずまず良い形に仕上がっています。
少しずつではありますが、上達している実感が湧いてきました。引き続き、練習を繰り返したいと思います。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑫ ほうきを明治神宮に奉納しました。

2019/12/05

11/3(日・祝)、明治神宮でおこなわれた秋の大祭に行ってまいりました。
今年も大祭に合わせ「全国特産物奉献品」として、当社の「濱松出世手編みほうき」を奉献させて頂きました。

1852年11月3日、明治天皇が御生誕になられ、明治神宮では、この日を例祭日と定め、毎年祭典がとり行われております。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
原宿駅を出て、明治神宮に向かいます。
秋の大祭は、11/1~3までの3日間の開催となり、本日は最終日です。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
9:00 南参道から御社殿を目指します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
本日は、風もなく過ごしやすい日になりそうです。
朝の凛とした空気の中を歩き、とても気持ちが良いです。



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
御社殿まで歩いて10分ほどの距離ですが、
道中は展示品などで楽しませてくれます。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
9:15 受付を済ませ、参拝させていただきます。
午前中から多くの観光客で賑わっております。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
例祭が始まるまでの間、全国特産物奉献品を見学しました。
今年も全国から様々な特産品が送られてきておりました。
そんな中、当社のほうきは・・・?


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
ありました!

今年で4年目なので、展示されている場所まで一直線です。静岡県の定位置に飾って頂けておりました。
昨年までは壁に立てかけてありましたが、今年は寝かせて展示されておりました。遠くからは目立ちませんが、それでも存在感十分ではないでしょうか?


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
パンフレットも確認できました。

多くの方に見て頂き、少しでも手編みほうきのことや当社のことを知って頂ける機会になればありがたいです。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ ほうきを明治神宮に奉納しました。
10:00 例祭に参列させていただきました(撮影禁止となっております)。
約2時間ほど式次にそって厳かに執り行われました。

今年で4年続けて参列させていただきました。
今回も多くの方に「濱松出世手編みほうき」を知っていただく、良い機会になったと思います。来年はオリンピックイヤーに加え、明治神宮鎮座百年大祭となるため更に多くの人で賑わうと思われます。

宮司さんの挨拶の中で、先日の台風被害について触れられておりました。
今もまだ復興の最中であり、「あたりまえの生活」がいかにありがたい事か考えさせられます。あたりまえに使っている道具や、一緒に生活してあたりまえの家族に日頃から感謝を伝える事は少々難しいかも知れませんが、「あたりまえではない」と言うことを前提に、生活していきたいと思いました。

今回参列させていただき、モチベーションも更にプラスとなりました。
手編みほうきの技術向上とホーキPJの活性化に努めてまいります。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑪ 箒の最終仕上げです。

2019/12/02

10月28日、本日はプレゼント企画用のほうきを準備いたしました。
編み上げたほうきは、風通しのよい日陰に吊るして保管しておりました。良く乾燥し、編込み直後より重量が軽くなっています。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑩ 箒の最終仕上げです。
風通しをよくして、ほうきの乾燥を促します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑩ 箒の最終仕上げです。
梱包前に最終の手直し、検品を行います。
選別時に除去しきれなかった種などを丁寧に取り除きます。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑩ 箒の最終仕上げです。
穂のクセや絡まりを取るため、
専用のクシで丁寧にブラッシングします。

当社では、海外からの輸入品「手編みほうき」も全て国内工場で検査を実施しております。
安価なほうきに比べ、手編みほうきとなるとお値段も張るため、よりクオリティの高い製品が要求されます。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑩ 箒の最終仕上げです。
穂の切れカスや種(見にくいですが、黒っぽい粒が種です)を除去しました。

ちなみにほうき草は種が熟す前に収穫するため、原料についている種を蒔いてもほとんど発芽しません。
そのため、原料用の栽培と種の収穫は分けて収穫します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑩ 箒の最終仕上げです。
ほうきの準備は整いました。

ダンボールを組み立て、今回はプレゼント企画に当選された方にお礼のメッセージを添えさせて頂きました。上手は字ではありませんが、気持ちを込めて丁寧に対応させていただきました。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑩ 箒の最終仕上げです。
最後にほうきに袋を被せ、箱に納めて完了です。

御代を頂戴した商品はもちろんですが、
今回のようなプレゼント品でも受け取った方が喜んでいただけるか?大切にしていただけるか?
そんなことを考えながら、満足していただけるよう最善を尽くして作業しました。

今後も数多くのほうきを生産したいと考えておりますが、「ユーザー様の喜び」を第一に考えて作り続けていきたいです。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑩ 箒をプレゼント致します。

2019/11/28

いつも吾妻箒のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
また、我々の活動に対して、温かい応援メッセージを届けていただき、本当に感謝しております。

アズマ工業では、日本の伝統である箒(ほうき)作りを日本から絶やしたくないという想いから、たくさんの方々の協力を得て、その原料となるほうき草づくり、そして箒づくりを静岡県浜松市で行っています。

この活動を通じて、たくさんの方々に支えられながら生きていること、この当たり前のことに、でも忘れがちなこのことに気付く機会が多くなり、自然と感謝の気持ちを持って過ごすようになりました。そして、時折頂戴する温かいお言葉を何度も読み返すうちに元気がみなぎり、「頑張ろう!」という前向きな気持ちになっています。

箒職人を目指している伊藤が作った箒は、まだまだ販売できる状態ではございませんが、少しでも感謝の気持ちをお届けしたいと思い、本ブログをご覧いただいている皆さまへ、今回、伊藤が作った箒5本をプレゼントしたいと思います。

もしよろしければご応募いただければ幸いです。


【ご応募方法】
弊社公式サイトの下記問い合わせフォームに、ご氏名、郵便番号、ご住所、電話番号をご記入の上、「お問い合わせ内容」に「箒プレセント希望」とご記入頂き、ご送信ください。尚、応募者が5名を超えた場合には、抽選にて選出させていただきます。

問い合わせフォーム   https://luck-at.com/contact/

これからも感謝の気持ちをもって活動して参りたいと思っております。
今後とも宜しくお願い致します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)10  プレゼント
いつもありがとうございます。

追記:箒のプレゼントのご応募を12/12に打ち切らせていただきました。ご応募いただき、誠にありがとうございます。(2019年12月13日)

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑨ ほうき作り 仕上げ

2019/11/25

10月25日、本日は、新草ほうきの仕上げをおこないました。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑨ ほうき作り 仕上げ
写真は最後に仕上げた1本です。
全体的には5本作ったほうきの中で1番の完成度と感じております。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑨ ほうき作り 仕上げ
写真を撮って気づきましたが、
もう少し穂先の角度を付けた方が使いやすいかも知れません。

掃き心地を試してみました。
適度に張りがあり、穂先は柔らかくまずまずの感触です。見た目も大切ですが、やはり1番は使いやすさと長持ちする品質です。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑨ ほうき作り 仕上げ
新草でほうきを計5本編み上げました。

時間は掛かってしまいましたが、新たに課題も見えてきました。
現状のレベルを見て頂き、アドバイスを頂きたく、師匠の鈴木氏を一度訪ねたいと思います。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP