-半田畑記事一覧-

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑦ 4本目のほうき作り

2019/11/18

10月23日、本日も新草でのほうきの編込みを行いました(4本目です)。
本日も1本、編込みまで仕上げました。少し上達してきた気もしますが・・・、まだまだ胴締め部分が甘かったり、細かな部分の質が師匠の足元にも及びません。
毎回、どこが悪いか考えつつ作業し、質を高めていきたいです。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑦ 4本目のほうき作り
4本目のほうきです。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑦ 4本目のほうき作り
編み込みは良くなっていますが、全体のバランスがまだまだです。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑥ 3本目のほうき作り

2019/11/14

10月18日、本日も新草でのほうきの編込みを行いました(3本目です)。
徐々にですが、良くなってきている感触はありますが、編込みは一番左(最初に作ったほうき)が良く、胴締めは一番右(3本目)が良いなど、バラつきがあります。
安定して良い出来栄えの箒(ほうき)が作れるよう鍛錬が必要です。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑥ 3本目のほうき作り
左から順に右が3本目です。
※3本目は仕上げ工程が少し残っております。

編んでみて(実際に今年のほうき草に触れてみて)、よくよく分かったのですが、今年の新草も穂先は柔らかく、使い心地も良さそうです。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑥ 3本目のほうき作り
良いほうき草は適度なしなりがあり、柔らかく、穂の量が多いことが特徴です。

少し横道にそれますが、編込み工程も当然大事ですが、良いほうきを編み上げるためには、ほうき草の選別や部材の準備など細かな事前準備が重要です。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑥ 3本目のほうき作り
「とじ」・「小編み」と呼ばれる部分です。
まだまだ要領は悪いですが、キレイに仕上げることができました。

しかし、全体的にみると、表側のほうき草の色にムラがあり、見た目にはあまり美しくありません。機能性に影響はありませんが、このあたりの原料(ほうき草)選びもレベルアップに必要な課題です。

ほうき作りだけではありませんが、何事も事前準備がいいと良い仕事に繋がるなと再認識させられました。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑤ 2本目のほうき作り

2019/11/11

10月17日、本日は新草でのほうきの編込み、2本目を開始しました。
1本目の箒(ほうき)は大きめの仕上がりになったので、現時点の課題としてコンパクトに作れるよう意識して編込んでいきます。
最後の玉をまとめる時に大ぶりな作りになってしまうため、余分な茎を多めに落とすよう意識します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑤ 2本目のほうき作り
※写真赤丸部分。茎をいつもより意識して多めに落としました。

私の手は他人より小さいため、扱いに苦戦します。
でも、悩んでいても手は大きくならないので、作るサイズの調整と手以外の体の使い方で補って作業します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑤ 2本目のほうき作り
茎を多めに落とした分、手に収まりやすくなった感触です。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑤ 2本目のほうき作り
箒づくり・・、終盤まできました。

やはり、まだまだ不恰好です。
見た目だけでなく機能性(大きいと当然重くなり、掃除しにくいです)にも影響しますので、もっとコンパクトに作らないとダメです。



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑤ 2本目のほうき作り
左:伊藤のほうき、右:師匠鈴木氏のほうき

使用している原料の茎の太さももう少し細い物を中心に使用した方が良さそうです。収穫した年により原料の出来栄えもブレがあります。ほうきの編込みを意識しながらの原料作りも課題となってきそうです。



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)⑤ 2本目のほうき作り
何はともあれ、まずは2本ほぼ完成まで仕上げました。

最終の小編みと穂のカット・仕上げは、効率を上げるため最終でまとめて作業したいと思います。
明日からは3本目に取り掛かりますが、まずは、再度選別したほうき草を見直して細目の原料を再選別します。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)④ ほうき作りの肝、胴締めを行います。

2019/11/07

10月16日、昨日に引き続き胴締め以降の工程を行いました。
大ぶりに仕上がっているため、手に収まりきらず扱いに苦戦してしまいました。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)④ ほうき作りの肝、胴締めを行います。
全体の姿です。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)④ ほうき作りの肝、胴締めを行います。
どうしても編込み以降の工程が苦手な部分です。

もう少し小ぶりに作れるよう、次回は細目の原料を中心に一度編んでみたいと考えます。また、師匠の鈴木氏に悪い点を見て頂くよう、訪問の予定を立てたいと思います。
なかなか上達せず、歯がゆい状況が続きますが、1つ1つ課題をクリアしていきたいです。

追伸)職人鈴木氏に依頼しておりました、新草ほうきが出来上がってきました。



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)④ ほうき作りの肝、胴締めを行います。
やはり、いつ見てもキレイに安定して仕上がっております。

今年も明治神宮へ奉献品として供えさせて頂きます。
今年の原料は「ガリ芯」が少し多く出てしまった点は、鈴木氏も同じ意見でした。色・穂の柔らかさは、昨年と同等レベルで扱いやすかったとの感想も頂けました。

早速、梱包し明治神宮へ発送いたします。
秋の祭典では、全国の特産品と並んで明治神宮でお披露目される予定です。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)③ いよいよほうきの編み込みです。

2019/11/04

10月15日、先週選別したほうき草を使い、編み込みを行いました。今までの練習では、比較的状態の良くない原料を使っての作業でしたが、今回から厳選した穂での編込みとなります。自然と気持ちとしても、プレッシャーを感じながらの作業となります。
※状態の悪い穂:色目が悪かったり、穂の量が少ないものや穂先が固いもの


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)③ いよいよほうきの編み込みです。
初めて厳選したほうき草を使って箒を編みます。

玉を編んでいく工程まで完了しました。自分の中では、少し自信のついてきた工程であり、全体の中では特に好きな工程です。
ただ、編込みは細かく意識できたのですが、原料の使い方が少し甘かったかと反省しています。
(原料の使い方:今回は太さによって本数を調整する(もう少し減らす)必要があったと思います。)



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)③ いよいよほうきの編み込みです。
師匠のサンプルと並べさせて頂きました。
左の伊藤が作った箒がひとまわり程、大きくなってしまっています。

今年のほうき草の穂は、昨年に比べて少し大ぶりに生長した感触です。この辺りの感触・感覚も意識して作業する必要がありそうです。



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)③ いよいよほうきの編み込みです。
編み目が粗くならないよう意識して作業しています。

今回も目は細かく編めましたが、間隔が均一では無いため、見た目は少しマイナスポイントです。



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)③ いよいよほうきの編み込みです。
師匠が編んだほうきです。

対して師匠のお手本は、編み目が均一でキレイです。
編み目の細かさばかりに気を取られず、均一なチカラ加減も必要となってきます。注意したいポイントです。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑)② ほうき草の選別を行いました。

2019/10/31

10月7日、今年収穫したほうき草でほうきを作るべく、ほうき草の選別を行いました。
昨年に続き、太すぎず程よい太さで育った印象でしたが、ほうき草の穂をよくよく見ると「ガリ芯」がたくさんの割合で発生していました。
*「ガリ芯」とは、太く折れやすい穂のことです。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草の選別を行いました。
「ガリ芯」です。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草の選別を行いました。
「ガリ芯」の様子です。
全体の6~7割ほどに生じています。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草の選別を行いました。
穂の量は十分にありますので、
「ガリ芯」を折って除去すれば、原料は全て使えます。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草の選別を行いました。
折って除去した「ガリ芯」は「ガリ芯」だけでまとめます。

地道な作業になりますが、ほうき草の長さ・太さの選別をおこないながら、「ガリ芯」を除去していきます。
また、折った「ガリ芯」もほうきの原料として利用できます。小さなミニほうきなどへの利用を考えて、ムダなく有効活用していきたいと思います。



ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草の選別を行いました。
5本分の箒草です。

まずは、短柄の手編みほうき5本分ほどの原料を確保しました。続けて、編込みに入りたいと思います。
2019年の集大成として、師匠の鈴木氏にも見て頂けるような1本を作り上げたいと思います。
丁寧かつスピーディーに編込む事が目標です。

ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。

2019/09/19

ほうき草の種を採取するために残しておいたほうき草。種はすくすくと生長し、つやつやとした立派な姿になっていました。今日はほうき草の種の収穫です。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。
前回、ほうき草の種取り用に残した1列です。
今年は残暑が厳しく、この日も30℃を超える予報です。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。
厳しい環境の中でも箒草の種は順調に育っていました。
黒々と艶があり、実が熟しています。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。
ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。
種を収穫後、畑をならします。

種の付いたほうき草の穂を収穫後は、T氏と二人で畑をならしました。芝刈り機で倒した茎・根っこを片付けて作業終了です。T氏には何から何まで助けていただき、今回も甘えてしまいました。本当に感謝です。T氏のサポートもあり、作業は1時間ほどで終了です。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。
脱穀後のほうき草の種

会社に戻り、早速脱穀を行いました。まだ選別前の種ですが、たくさん確保できました。これで来年以降に繋げていくことができそうです。
ほうき草の収穫を通じて、「つなげる」ことの大変さが身に染みるようになりました。当たり前と思っていることの背景に、たくさんの人の努力が積み重なっていることに気付きました。今まで見えているようで何も見えていなかったんですね。でもこういう気づきがあるからこそ、人は謙虚になれるのかなぁなどと思っています。
今年もありがとうございました。

追伸)
こちらもツルは順調に育っています。紅あずまです。
土の中の様子はうかがえず、歯がゆいですが、順調に育ってくれていることを心から期待しています。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。
ほうき草プロジェクト(半田畑)⑩ ほうき草の種を収穫しました。
恒例のツル返しを行いました。
こちらの収穫はもう少し後のようです。

ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草を煮沸します。

2019/09/05

おかげ様で無事に収穫を終えたほうき草。しかしこれで終わりではありません。ほうき草の質を保つために、日陰干しをしたうえで煮沸をしなければなりません。まだまだ作業は続きます。

8/29(木)収穫したほうき草の煮沸(湯通し)を行ってきました。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草を煮沸します。
今回も例年と同じく、浜松工業技術支援センターの染色試験釜をお借りしました。
ほうき草を90℃ほどのお湯にくぐらせます。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草を煮沸します。
湯通しした後は、熱くてとても持てません。
少し冷ましてから運搬します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草を煮沸します。
2時間ほどで煮沸を終え、倉庫に移動しました。
午後からじっくり天日干しを行います。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草を煮沸します。
1時間半ほど干し、表裏をひっくり返します。


ほうき草プロジェクト(半田畑、浜北畑) ほうき草を煮沸します。
日当たりも良く、風もあったのでよく乾燥しています。
この後、倉庫にしまい、この日の作業は終了です。

この日の作業も怪我なく無事終了しました。
毎年お世話になっている浜松工業技術支援センターの職員さんからも「もう1年経ったかね? 早いね。今年の出来はどう?」とお声を掛けて頂きました。
毎年の恒例行事となってきており、少しずつですが認知度も上がってきていると感じています。
地道ですが、毎年続けてきていることが大切だと再認識しました。

ほうき草プロジェクト(半田畑)⑨ ほうき草の収穫 パート2

2019/08/29

収穫したほうき草の穂はその日のうちに、葉をもぎ取り、種を脱穀します。半田畑で収穫したのち、場所を変え、工場内で脱穀作業です。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑨ ほうき草の収穫 パート2
工場に戻り、引き続き脱穀作業をおこないます。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑨ ほうき草の収穫 パート2
3~4本ずつ持って、電動の脱穀機に通します。
脱穀機はパワーがあるので、ほうき草が持っていかれないよう注意して作業します。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑨ ほうき草の収穫 パート2
脱穀後の様子です。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑨ ほうき草の収穫 パート2
脱穀後、20本ほどを1セットにし、麻ヒモで束ねます。
この後、倉庫に吊るして日陰干しを数日おこないます。

ほうき草の収穫作業は、畑から工場への移動も含めて、6時間ほどで終了しました。朝のほうき草の収穫作業では、若干のくもり空にも助けられ、非常にスムーズに進めました。収穫したほうき草はこの後、煮沸・天日干しと作業が続いていきます。何はともあれ、お疲れさまでした。

ちなみに、ほうき草の傍らで育てている「紅あずま」です。こちらも忘れないよう手を掛けてきました。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑨ ほうき草の収穫 パート2


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑨ ほうき草の収穫 パート2
ツル返しを行いました。

肝心の芋は土の中で生長を確認する事はできませんが、無事育っていることを祈ります。こちらの収穫は10月頃を予定しています。まだまだ楽しみは続きます!

ほうき草プロジェクト(半田畑)⑧ ほうき草の収穫 パート1

2019/08/26

半田畑のほうき草が収穫時期を迎え、8/10(土)午前5:00 夜が完全に明けきらない中、遅刻することなく(当たり前ですが・・)全員が集合しました。畑を貸してくれているT氏も「本当にきたね」とにこやかに一言。さぁ、収穫です!


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑧ ほうき草の収穫 パート1
順調にほうき草が生長しています。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑧ ほうき草の収穫 パート1
簡単な打ち合わせの後、早速作業開始です。

この日は5名での作業です。日中は暑くなることが予想されるため、日が昇るまでの時間が勝負となります。まだ耐えられる暑さなので、みんな動きがスピーディーです。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑧ ほうき草の収穫 パート1
収穫したほうき草の穂の様子です。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑧ ほうき草の収穫 パート1
短時間勝負です。
ぞくぞくと収穫されていきます。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑧ ほうき草の収穫 パート1
穂を収穫した後は、残った茎も全て根こそぎ片付けます。
ほうき草の根は非常に強いため、掘り起こすのに一苦労です。


ほうき草プロジェクト(半田畑)⑧ ほうき草の収穫 パート1
ほうき草は1列残させて頂きました。
こちらは実が熟すのを待って、秋ごろに種を収穫する予定です。

刈り取った後の畑、収穫したほうき草の穂を見るたびに、何とも言えない達成感に満たされます。最近、あまり褒められることがないので、たまには自分で自分を褒めてあげたいと思います。

「よー頑張った!」

もちろん、自分ひとりの力ではありません。みんなのおかげでここに至ることができました。改めて感謝の気持ちでいっぱいです。いつの間にか忘れがちな人に感謝する気持ち、この気持ちがほうき草の収穫のたびに満ち溢れてきます。本当にありがとうございます。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP