箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 35

2020/07/13

7月8日  日々の作業を紹介します  吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

あいかわらず雨が続いており、社内での作業が続いております。
今日は伊藤の日々の作業を少し紹介させていただきます。

吾妻箒のサイトで販売している商品を注文いただいた際に、最終検査・手直しをおこない発送対応させていただいております。



箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から35
ご注文いただいた箒を準備します。
一見とてもキレイに見えますが、1点1点検査していきます。



箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から35
箒用のクシを使ってキレイにします。



箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から35
穂を解いた後、飛び出た穂先をハサミでカットします。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から35
作業完了です。

このあと箒をパッケージして完成です。
お客様が手に取った瞬間から気持ち良くご使用いただけるよう、1点1点気持ちを込めて作業しております。
万が一、輸送中の破損やご納得いただけない商品がお届きになった際は、もちろん返品対応も承っております。

全てのお客様に満足していただけるよう、今日も心を込めて作業します!

 
箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP