箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 115

2021/07/22

7月15日   ぐんぐん生長しております  半田畑   ほうき草栽培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


苗の定植から1月半ほど経過し、生長いちじるしい半田畑です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
全体の様子
遠目から見ても立派に伸びている様子が確認できます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
生長が早い苗は穂先が広がり始めております。
今のところ出来栄えは良さそうです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
この日も畝間の除草作業に入りました。
ほうき草を倒さないように注意しながら、耕運機を進めます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
作業後の様子

全体を一通り耕耘しました。浜北畑から1週間ほど遅れてスタートした半田畑ですが、なぜか浜北畑よりも生長が早い様子です。土質や環境による違いか?定植前の苗の生長が良かったためか?要因は定かではありませんが、収穫時期を逃さないようこの後の生長にも注目していきます。

 
箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP