箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 136

2021/10/14

10月11日   明治神宮に発送させていただきました    吾妻箒  

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


この日は、明治神宮秋の大祭にて奉納させていただく箒の発送準備をおこないました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
長柄・短柄の2種類を奉納させていただきます。
ほうきと合わせてパンフレットも同封します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
梱包時のポイントです。
中でほうきが動かないよう、持ち手部分をダンボールで固定します。

発送した箒は、11月1日~3日まで開催される明治神宮秋の大祭にて展示していただく予定です。読者様におかれましても、もし機会がございましたら、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

 
箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP