-吾妻箒記事一覧-

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 130

2021/09/20

9月13日   コキアで箒作り     コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


この日は、前回収穫したコキアを使用し、手作り箒を作ってみました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
まずは、枝に残った枯れた葉や種を指で摘まみながら取り除きます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
葉や種を取り除いた後の様子
柔らかな枝だけが残っている状態です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
束ねやすいように幹から枝を切り落とします。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
束ねた持ち手部分を麻ヒモで縛って完成です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
完成した箒の様子


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
当サイトで販売中のあづま手編みほうき手箒三玉と掃き心地を比べてみました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
コキア箒でゴミを集めた様子
穂の隙間からゴミがすり抜けてしまいました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
細かなゴミを掃除するには、写真のように穂を寝かして掃くと良いかと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草が原料のあづま手編みほうき手箒三玉で掃いた様子
掃き幅はコキアに比べ狭いのですが、穂が密な分、掃き残しはほとんどありません。

今回は細かなゴミ(ほこり)の掃き掃除を試したため、コキア箒の能力を存分には発揮できませんでしたが、もう少し大きなゴミ(落ち葉や木くずなど)をザックリ掃除するには良いかも知れません。また、穂を寝かして掃けば細かなゴミを集めることができ、見た目のナチュラルな雰囲気も良い味を出しております。手作りで楽しむには十分な箒ではないでしょうか。
収穫したコキアがまだ残っておりますので、次回は柄を付けた箒を作成してみたいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 129

2021/09/16

9月6日   久しぶりの生長報告です    コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


しばらく報告ができていなかったコキア(ほうき草)の様子ですが、前回から引き続き生長が思わしくありません。季節外れの長雨の影響か、害虫による影響か、はっきりした原因が掴めないまま最後の1本も元気を失ってしまいました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
10数本植えたコキアですが、枯れてしまい残り1本になり、


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
数日後、力尽きてしまいました。

本来であれば秋には真っ赤に紅葉し、冬の訪れと共に枯れていくようです。コキアで箒を作る際は、冬に枯れた草を束ねて作ります。
今回、紅葉を見ることはできませんでしたが、せめてもと・・・、ある程度のボリュームまで生長してから枯れてしまったコキアを使用し、箒を作ってみたいと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
枯れてしまったコキアの様子
収穫後は、日陰で乾燥させます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
枝の部分から種を採種することもできました。
枯れる直前、最後の力を振り絞り、種に栄養を残したようです。

今年のコキア栽培は、思うように育てることはできませんでしたが、来年に繋げる種を得ることができました。最後の最後で受け継がれた生命のつながりを大切に、来年こそは立派に育て、紅葉する姿が見られるようチャレンジしたいと思います。
次回は、収穫したコキアで箒作りをしたいと考えております。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 128

2021/09/13

9月8日   栽培に使用する器具をメンテナンスしました②  ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日に引き続き、この日もほうき草栽培に使用する機械のメンテナンスをおこないました。
今回は管理機(耕運機)をメンテナンスします。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
管理機は今年の栽培でもたくさん活躍していただきました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
まずは、機械内に残ったガソリンを抜きます。
ガソリンは長期間入ったままでおくと固形化し、機械の故障に繋がります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
次に、土を耕す歯の回転部分に潤滑油を吹きます。
回転をスムーズにすると共に、錆(サビ)を防止します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
耕耘により摩耗した歯にも潤滑油を吹き、錆を防止します。

以上で一通りのメンテナンスが完了です。このあと管理機にカバーを被せ、来年まで倉庫で保管となります。
来年のほうき草栽培はどんな点を改善しようかとメンテナンスをしながら考えました。
早くも来年の栽培が楽しみです。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 126

2021/09/06

9月2日   お待たせしました、ついに発売開始です。   箒職人への道 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
大変お待たせしましたが、この度ついに伊藤の手編み箒を発売することになりました。


不器用な伊藤にいつも丁寧に指導してくださる師匠の鈴木徹さん、発売に先駆け試作品モニターに協力してくださったモニター様、ほうき草栽培に力を貸してくださっている浜北農家の倉田様や会社の仲間たち、そして、いつもブログを応援してくださっているみなさまのお陰でここまでくることができました。この場をお借りし、お礼申し上げます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
9月2日より発売しております。
「伊藤 真人作 国産手編みほうき 短柄」

一つの区切りがついただけではありますが、みなさまに箒をお届けできることに、喜びを感じております。
今後は、一人でも多くのお客様に手に取っていただけるよう、より一層、心を込めて作業に取り組んで参りたいと思います。

ぜひ、「箒職人:伊藤の紹介ページ」もご覧いただけたら幸いです。
箒職人の仕事 箒職人 伊藤真人氏

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 104

2021/06/14

6月9日     日頃の作業を紹介します      吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


伊藤が日頃おこなっている作業の一つに、商品発送前の最終検査・手直しがあります。
先日、商品を購入されたお客様より厳しいご意見も頂戴したことから、より一層心を込めて準備しております。今回は日頃の作業を少し紹介いたします。

以前紹介したお客様からのご意見の内容はこちら↓↓↓
5月13日  改めて気を引き締めます 吾妻箒

当サイトでご注文をいただいた商品を発送する際、全ての商品を伊藤自ら検品・手直しを施し、発送しております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
保管状況により穂先にクセがついてしまった箒の様子


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシングで整えることができないクセは、一度、穂に水分を含ませます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
十分に穂先が柔らかくなった後、指先で優しくクセを整えていきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
新聞紙で水分を吸収しながら、ブラッシングで再度整えます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシング後は、風通しのよい日陰で1日以上よく乾燥させます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
最後に穂先をハサミで整え作業完了です。

今回ご紹介したような作業も日頃から対応しております。吾妻箒サイトではネット販売となっており、お客様に手に取ってご購入いただくことができません。このデメリットを払拭し、箱を開けた瞬間から「良い箒だな」と感じて頂けるような商品をお届けしていきたいと考えております。

今日も心を込めて準備いたします!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 96

2021/05/17

5月13日    改めて気を引き締めます       吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日、こちらの吾妻箒サイトにて箒をご購入したお客様よりこんなメールを頂戴しました。

メール原文:
「小さいほうの箒が先がばらついているのが面白くありません。見て買うのであれば絶対買いません。信用して買っているんですから文句なしの商品を送ってほしいです。安くはない商品なんですから」

正直なところ今回の件をブログで取り上げるべきか悩みましたが、何も無かったことのようにはできません。ご意見をいただいたお客様も信用(期待)しているが故のご意見かと思います。

今回、商品はそのままご使用されるとのことで、現物の確認には至りませんでしたが、考えられる状況から対策を練ることにしました。
早速、ご意見につながった可能性を探るため、在庫品の状況を確認しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト

商品の中には一部、写真のような穂の曲がりが発生してしまう箒があります。こちらは元々原料に曲がりが出てしまっている場合や、海外生産品であれば輸入してくる際の運送状況により曲がってしまう場合があります。このような箒も含めて全て出荷前に検査し、ブラッシング作業をして穂先を整えてから、お客様に向けて発送させていただいております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシング作業後の様子

このような状態で発送させていただければ、ご満足していただけると考えておりました。
しかし、ブラッシング作業から3日ほど時間が経過した商品を確認してみたところ・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシング作業から3日ほど経過した同じ箒の様子

写真のように若干ですが、ブラッシング作業前の状態に戻りつつありました。これはブラッシングして整ったように見えておりましたが、穂グセ(曲がり)が強く、時間の経過とともに元の状態に少し戻ってしまったことが原因と考えられます。
もし、このような状態であれば、お客様にご満足いただけなかったことも納得です。
対策として、穂グセが強い箒は以前ブログでも紹介したように穂先にしっかりと水分を含ませたうえで、ブラッシング作業にて整えるよう改善したいと思います。

以前紹介した穂先の整え方はこちら↓↓↓
ほうき職人がおすすめする箒のお手入れ方法

今回の件につきまして、具体的な作業の改善も必要ですが、今一度お客様のご期待に応えられているか考え直す良いきっかけとなりました。もちろん今までも軽い気持ちで取り組んできた訳ではありませんが、まだまだ甘かったと反省しております。

お客様のご期待に応えられるよう、精進して参りたいと思います。引き続き、宜しくお願い致します。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 89

2021/04/19

4月9日    5S活動をおこないました      吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


新年度がスタートし伊藤の住む静岡県では、日中だいぶ気温が上がる日が増えてきました。
暖かくなるにつれ気分も上向きになりますが、忘れてはいけない厄介な存在が雑草です。
この日は時間を作り、工場の従業員で工場周りの5S活動を実施しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
駐車場の草取り


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
側溝のゴミ拾い


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
伸びた垣根の剪定をおこないました


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
コキア(ほうき草)を植える予定の花壇もキレイに除草しました

1時間ほどで作業が完了しました。普段の掃除では行き届かない除草作業や剪定作業をおこない、気分も晴れやかです。前回まとまって作業したのは昨年末の大掃除だったと思いますが、特に雑草の生長が早く、毎回驚かされます。

5S活動とは「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」の頭文字Sを取った言葉です。「整理、整頓、清掃、清潔」までは思い出せるのですが、「しつけ」まで出てこない方も多いのではないでしょうか。「しつけ」と言うとどうも圧力的な響きもありますが、やはり普段からキレイにする習慣をつけることが清潔な環境を維持するために大切なことだと思います。実際はなかなか難しいのですが…。

何はともあれ、みんなで自分たちの職場環境を整え爽快な気分です。お掃除用品メーカーとして恥ずかしくないよう、今後も5S活動に力を入れていきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 87

2021/04/12

4月7日    モニター箒を発送させていただきました    箒職人への道 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日より募集しておりました箒モニター様募集企画ですが、3月31日をもって募集を締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。
本日は、5名のモニター様を選出させていただき、箒の発送手配をおこないました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき梱包の様子

予想以上にたくさんのご応募をいただき、また励みになるメッセージも拝見でき、大変ありがたい思いです。感謝の気持ちを手紙として添え、モニター様の元へ発送させていただきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
発送準備完了です

宛先に間違いがないか二度三度確認し、発送準備完了です。早ければ翌日にはモニター様のお手元に到着予定です。
喜んでいただけるだろうか、愛用してもらえるだろうか、不安と期待が入り混じりますが、どんな結果であれモニター様の反応が楽しみです。

気持ちとしては今回ご応募いただいた皆さま全員に箒をお届けしたい想いですが、ほうき草(原材料)の在庫量の兼ね合いもあり、そういう訳にもいきません。
何か別の形でも感謝の想いを伝えられるよう考えています。

今回の企画にご応募いただき、誠にありがとうございました。当選されたモニター様におかれましては、到着を楽しみにお待ちください!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 85

2021/04/05

3月31日    ショールームを紹介します    吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


前回のブログで発信させていただきましたが、当社アズマ工業の浜松本社には来客用の展示室(ショールーム)がございます。社内の一角にありますので、どなたでも何時でもご覧いただける訳ではないのが残念ですが、今回は展示内容を少し紹介させていただきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
実際の使用環境を想定した畳スペースの様子
試し掃きや、撮影などに使うスペースとなっております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
新商品の紹介や、


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
様々なアイテムを陳列しております。
吾妻箒サイトで販売中の箒も並んでおります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
展示の中に興味深い物がありましたので紹介します。
こちらは、使い古した箒のようですが…。


実はこちら、約15年間お使い頂いた箒となります。
穂の部分は長年のご使用により擦り減ってしまっておりますが、他の部分に破損が無く、15年もの長い期間ご愛用いただけました。こちらのお客様は、15年使用した箒と同じほうきを再度お求めになられたとのことです。15年の間、大切に愛用してくださったことに感謝しつつ、このような状態になるまで使い続けられた耐久性にも手前味噌ながら誇らしく思います。

こちらのショールームには他にも多数の展示品がございます。また機会がありましたら、今回紹介できなかった展示品も紹介させていただきたいと考えております。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 84

2021/04/01

3月26日    ご来社いただきました    吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日、当社アズマ工業の本社がある浜松市のお客様からこんなメールを頂戴しました。
「浜松でほうき草から栽培して手作りの箒を作っておられると知り、大変興味をもちました。私は普段から箒の生活で、今は長野県で栽培したほうき草を使った手作り箒を使用しています。ですが、浜松市在住として、是非地元で作られた箒を愛用したいと思うようになりました。そこでお尋ねいたします。実際に見せていただけるショールームのような場はございますか?」


・・・このようなメールを頂戴し、素直にうれしかったです。
ぜひ、箒やお掃除についての想いやご意見をお聞かせいただきたい!
吾妻箒の試用のために、ご来社いただくことになりました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
5年ほど前に浜松市に移住されたS様
写真の了解をいただき、試し掃きの様子を撮影させていただきました。

せっかくの機会でしたので、いくつかの風合いの違う箒をお試しいただきました。特に手編みのほうきは1本1本、微妙に使用感が異なり、まったく同じ物は存在しません。S様は毎日夕方に「そうじの時間」と決めているようで、夕方になるのが待ち遠しいのだそうです。さすが毎日ほうきでお掃除されているだけあって微妙な風合いの違いを感じ取り、ご自身の好みに合った1本をご購入いただきました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ショールームご案内の様子

お時間をいただけるとの事でしたので、ショールームをご覧いただき、ほうき以外の掃除道具や当社の歴史についてもご案内させていただきました。
S様のマスク越しからも分かる生き生きとした表情に、日々の生活が充実されていることとが想像できました。「思い切って浜松市に移住して良かった」と現在の環境を大変気に入られているご様子で、今回のお問い合わせについても「思い切って連絡してみて良かった。良い箒に出会えました」とのお言葉をいただきました。

人は何か行動を起こす際に躊躇しがちですが、S様とお会いし、改めて勇気をもって何かを始める行動力や好奇心の大切さを教えていただきました。

今回の出会いを大切にし、伊藤の職人人生に生かしていきたいと思います。
S様、この度はご来社いただき本当にありがとうございました。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP