-2017年ほうき草プロジェクト記事一覧-

今年もやります! アズマ畑(半田畑)①

2017/05/20

アズマ工業とゆかいな仲間たちで今年もアズマ畑(半田畑)でほうき草を栽培します。
昨年はうまく栽培できず苦い思いをしましたが、今年こそは!

昨年の反省として、肥料がうまく土と混ざらなかったことが考えられます。
そこで、今年は奮発して牛糞を用意し(肥料の中でも割高です)、耕耘機でしっかりと混ぜ込みます。

さぁ、いよいよスタートです。

2017年5月19日(金)11:00から肥料(牛糞)を畑全体に撒く作業をしてきました。
トラック1台分の牛糞を一輪車やザルを使い、畑全面に撒きました。


今年もやります! アズマ畑
今年のアズマ畑(半田畑)です。奥に見えるトラック1台分の牛糞を撒いていきます。


今年もやります! アズマ畑
スコップを使って一輪車にたっぷり積み込みます。


今年もやります! アズマ畑
ザルも使って撒いています。


今年もやります! アズマ畑
一輪車やザルで撒いた牛糞を万遍なく広げていきます。


今年もやります! アズマ畑
畑全面に万遍なく撒くことができました。



約1時間で作業終了。しばらく時間を置き、耕耘機でしっかりと混ぜ込む予定です。
暑い中、熱中症寸前でしたが、無事に作業を終了しました。

種まきの日程が決まりました!!

2017/05/11

5月9日(火)にJAとぴあ浜松の高木さんにご来社頂き、昨年確保した種をお渡ししました。
JA様で発芽試験を実施した後に種まきを行います。(種まき予定日:5月27日)


種まきの日程が決まりました!!
これが昨年確保したほうき草の種です。
発芽率の向上と種まき機に順応させるために唐箕(とうみ)がけ(選別)とヒゲ取り作業を行います。


種まきの日程が決まりました!!
選別で量は減るとは思いますが、
2反の畑に蒔くには十分なほどの量が確保できています。


種まきの日程が決まりました!!
今年は浜北地区で砂地2反での栽培予定です。



今年もいよいよ始まるぞ!!
否応にも気持ちが高まってきます。発芽試験がうまく行くように祈るばかりです。

※唐箕(とうみ)とは、風力を起して穀物を籾殻・玄米・塵などに選別するための農具です。
 風力に乗って遠くまで飛ぶほど中身が少なく、発芽率が悪くなります。

2017年度ほうき草プロジェクト始動しました!

2017/04/11

4月10日「とぴあ浜松西営農センター」にてJA浜松青壮年部会議に参加させて頂きました。
今年も無事にJA浜松青壮年部の皆様と栽培できることになりました。ありがとうございます。

会議では、今年のコンセプトや作付面積、過去2年間で直面した課題など真剣な議論が繰り広げられました。
昨年の経験から、今年は水はけの良い砂地の浜北地区で2反の土地をお借りして栽培することになる見込みです。

今年の栽培が楽しみです!今後の活動にもご期待下さい!



白熱した会議の模様。青壮年部の皆様の熱い議論が交わされました。
 


2017年度ほうき草プロジェクト始動しました!
今年の栽培のリーダー的存在です。青壮年部の三役様。

2017年 ほうき草栽培プロジェクト 始動に向けて

2017/02/10

昨年2016年のほうき草栽培プロジェクトに関してたくさんの温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。改めて感謝申し上げます。

また今年に入り、「2017年はどうするの? やるの?」というお問い合わせをいただけることは本当にありがたく、皆さまの期待の大きさを肌で感じているところです。

約50年ぶりに・・、手探りで始めた浜松でのほうき草の栽培。
紆余曲折ばかりですが・・・、皆さまの応援に支えられて、2017年もほうき草栽培を続けてまいります。

(現在、その詳細を詰めていて、もう少し経つとご報告ができると思います。)

今年もいろいろあるかもしれませんが、楽しみながら(もちろん、真剣に!)みんなでやっていきたいと思います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP