-2020年ほうき草プロジェクト記事一覧-

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 15

2020/02/24

2月18日  渾身の1本作成中! ほうき作り

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から15
先日編み上げたほうき です。
 

全体的には上手に形がまとまったかと思います。
材料は質の悪いほうき草で練習しておりますので、機能性はあまり良くありません。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から15
このような「ガリ芯」と呼ばれるほうき 草で練習しております。

少し手応えをつかんできたので、今回 は「ガリ芯」のない良いほうき草で1本仕上げてみます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から15
「ガリ芯」のない良いほうき草を使って渾身の1本を編み上げたいと思います!

3月で、箒 職人鈴木氏に手ほどきを受けて1年が経過します。
完成した渾身の1本のほうき を持って、また師匠を訪ねたいと思います。

きびしいこと を言われてしまうかも知れませんが、気持ちを込めて作ってみます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 14

2020/02/20

2020年2月14日 ひきつづき短期集中! ほうき作り

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

今日も引き続き苦手な部分を集中的に練習しております。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から14
本日の作業はこちら、小編みと呼ばれる部分です。
 

作業そのものは比較的簡単な工程ですが、その分、スピードが求められます。
今日もタイムを計りながら作業してみます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から14
本日初回のタイムは、14分30秒。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から14
右手の使い方が重要です。

中指と薬指に糸を引っかけて編んでいきます。
不器用なので、変に力が入ってしまいます。リラックスして作業することも必要そうです。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から14
同じ作業を繰り返し、本日3回目のタイムです。
 

作業1回目のタイムが一番良かったです。

感覚では師匠はこの工程を7~8分ほどで終えているように感じます。
今度こっそりタイムを計ってみたいと思います。
師匠との差に愕然としないよう、もっと訓練して作業スピードを上げていきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 13

2020/02/17

2020年2月12日 時には座学も必要? ほうき作り

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

先日、別部署の同僚から箒のパンフレットをいただきました!


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から13
表紙を一目見ただけで引き込まれる、デザイン性も高い一冊です。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から13
弊社で販売している箒と似たデザインのほうき が並んでおります。
櫛型(くしがた)と呼ばれる江戸にルーツを持つほうき 形状だと思われます。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から13
残された数少ない貴重なデータをもとに、手編みほうきの歴史が記されております。

国内生産の減少が、ただ漠然と時代とともに衰退していったと思っておりましたが、歴史の背景を理解すると、残したくとも残せなかった、さびしい理由があったのだと改めて考えさせられました。
それと同時に、人々からの需要がなくなった 訳ではなく、時代の流れに逆らえなかっただけであり、箒そのものの価値がなか った訳ではないように思い、うれしい気持ちになりました。

昨今の住宅環境から箒の価値が見直されております。
みなさまに価値を届けられるよう、胸を張って生産活動に力を入れていきたい!と改めて気合いを入れ直す良いきっかけをいただきました。感謝です。

また機会があれば、資料館にも足を運んでみたいです!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 12

2020/02/13

2020年2月7日 短期集中! ほうき作り

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

連日の作業から課題が見えてきております。
本日から課題部分を集中的に練習し、レベルアップを図ります。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から12
綴じ(とじ)の部分を集中して練習します。

スピードよりも丁寧さが重要ですが、試しに作業時間を計りながら作業してみます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から12
写真では分かりづらいですが、まずまずキレイにできました。
 

      気になるタイムは…

 

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から12

 

  20分!

 

師匠のタイムを計ったことがないので、このタイムが速いのか?遅いのか?

まず、間違いなく遅いと思います。
作業している本人が遅いと感じているので間違いありません。

落ち込んでいる時間はありませんので、まずはこのタイムを最低ラインとして繰り返し練習していきます!


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から12
この日、5回目の作業タイムです。
 

およそ2分短縮できました。
何度か同じ箒で練習しているので、糸を通しやすくなっている事も影響してのタイム短縮ですが、それでも本日の進歩として捉えます。

このような作業もデスクワークも、時にはタイムを計ってみると面白いです。
1分間って、計ってみると結構長いです。
5分あれば、なんでもできそうな気がしてきます。

しばらく集中的に練習に励みます!

 

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 11

2020/02/10

2020年2月5日 反復練習 ほうき作り

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

いつもご覧いただきありがとうございます。
今日も編込みの練習に励んでおります。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から11
最近では、手つきはだいぶ慣れてきました。
編み込むスピードも少し速くなりました。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から11
側面から見た様子です。
 

厚さ方向のズレも見ながら編み込みます。
全体のバランスを見ながら進めることが重要です。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から11
綴じ(とじ)と呼ばれる工程です。
 

こちらの工程が苦手で、作業のスピードも完成度もまだまだです。
しばらく、こちらの工程を重点的に練習し、レベルアップを図ります。

今日も地道な練習は続きますが、1つ1つ目的を持って取り組んで参ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 10

2020/02/06

2020年2月3日 種の準備が進んでます。 ほうき草栽培

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

 

みなさま、こんにちは!
本日も引き続き、ほうき草の種の準備を紹介します。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から10
前回の種もみが完了した様子です。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から10
こちらに水を入れます。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から10
水を入れよく かき混ぜます。
 

少し待つと、実のつまった種は沈みます。
水に浮いている未熟な種や、不純物を静かに取り除きます 。

はやる気持ちを抑え、丁寧に作業していきます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から10
だいぶキレイになってきました。
実のつまった良い種が用意できそうです!
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から10
続いて、種をよく 乾燥させます。

陰干しで、小まめに新聞紙を交換し、しっかり乾燥させる事がポイントです。
丸1日乾燥し、しっかり水気を取りました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から10
種の準備が完了です!

この後は冷暗所に保管し、じっと春を待ちます。

過去の栽培から種の重要性を認識しているため、じっくりと作業しました。
効率を上げることも大切ですが、要所でしっかりと時間をかけ、良い物を作っていきたいと思います!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 9

2020/02/03

2020年1月30日 今年もやります! ほうき草栽培

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

 

こんにちは!
暦の上でも大寒を過ぎ、気温が上がる日も増えてきました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
伊藤は今日もまた珍しい作業をしております。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から9
何やらあやしい袋をひっぱり出してきました。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から9
中身を見てもまだあやしい雰囲気ですが、こちらは昨年収穫したほうき草の種です!

今年も地元浜松産のほうき草を育てるべく、種の準備を始めます。
種まきは5月上旬ごろなので、まだ気が早いような気もしますが、暖かくなってからはあっと言う間に日が過ぎてしまいます。

今のうちから準備を整えておきます。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から9
種を少しずつ桶に移し、種をもんでいきます。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から9
種をもむことで、余分なカラやヒゲ(写真赤丸)を取り除きます。
 

 

余分なものを取り除きながら、しばらく種もみを続けると・・・

 

 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から9
まるでキャビアのような黒く艶のある種がたくさん顔を出します!
こんなたくさんのキャビアを見たことはありませんが。
 

キレイに見えますが、まだまだカラの残りや熟していない種が混ざっています。
次回はこちらを、更に選別していきます。
次回の更新をお楽しみに!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 8

2020/01/30

2020年1月28日 新商品開発!? ハンドほうき

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

おはようございます!
今日も箒作りの練習に励んでおります。
毎日地道に練習を繰り返しておりますが、時にはこんな変わった事もしております。

先日、少し空いた時間に試作品を作ってみました!


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
こちらが完成した箒です。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
ほうき草の選別の際に取り除かれる「ガリ芯」と呼ばれる幹の太い穂です。

「ガリ芯」は穂が硬く折れやすいので、手編みほうきには使えない部分です。
こちらの使い道を探しておりましたが、小さいハンドタイプのブラシには使えそうかも?と思い、試作してみました。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
ガリ芯のみで束ねます。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
束ねた芯に茎、皮穂とかぶせていきます。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
編み糸で締め上げていき、
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
持ち手の部分を少し編込んでみました。
出来栄えは・・・?
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
端の処理は、いまいちですが、
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から8
持ち手部分は良い味が出ております。

実用性・見た目ともに課題はありますが、新しい物を作ってみる事も時には必要かも知れません。
また時間を見つけて、試作してみたいと思います!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 7

2020/01/27

2020年1月24日 半田畑のほうき草で箒作り

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

皆さま、こんにちは!今日も元気に活動しております。
本日は昨年の夏に収穫した半田畑のほうき草を使って、箒作りをおこないます。
今回作るホーキは、こちら!


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から7
製造開始から66年目、今も愛される「カバーほうき」です(画像は50年前?くらいのチラシです)。
しかし、なかなかレトロで雰囲気のあるチラシですね。
 

 

            では早速、作業開始です!


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から7
ほうき草を選別し、針金で束ねていきます。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から7
束ねたほうき草を樹脂性のヘッドに収めて金具で固定します。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から7
穂の根元をミシンがけします。
このひと手間が穂に適度な張りをあたえ、穂抜け防止にもつながります。
 


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から7
布のカバーを取り付けて完成です。
まずまずキレイに仕上がりました。
 

発売当時からほとんど姿を変えず、60年以上販売されている「カバーほうき」
まさに、当社で一番歴史を知る社員と呼んでしまっても良いでしょう。

江戸時代から続く手編み箒もそうですが、良いものは形を変えずに残る(または、人の手によって残される)物なのかも知れません。

あと34年経てば、発売開始から100年の節目です。100年の節目を目指して今日も頑張ります。
100年目の節目には何かイベントができたら楽しそうです!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 6

2020/01/23

2020年1月23日 ほうき作りを支える、愛すべき道具たち 2

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

皆さま、こんにちは。

今日も前回に続いて、伊藤がほうき作りに使用している道具を紹介したいと思います。



箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から6
こちら「目打ち」と言う道具になります。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から6
  目打ちは、編込んだ穂の位置を修正したり、



箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から6
  ドリルで穴を空ける位置に下穴を空けたりと、活躍します。 


こちらも定期的にメンテナンスします。


箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から6
サビ取り剤を吹き付け、布で拭きあげます。
キレイに汚れを落とした後、サビ防止スプレーを吹きかけ作業終了です。

目打ちは、さほど出番は多くありませんが、もちろん欠かせない道具です。
今日もこんな相棒たちと、ほうき作りに励んでおります。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP