-2021年ほうき草プロジェクト記事一覧-

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 139

2021/10/25

10月25日  来年の栽培に向けて  浜北畑    ほうき草栽培   

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


ここ最近は箒作りに励む日々が続いておりましたが、この日は浜北農家の倉田様を訪ね、今年のほうき草の出来栄えと来年に向けての課題について意見交換させていただきました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
先日からご紹介しているほうき草の太さについて相談しました。

伊藤「今年は昨年に比べ、天候にも恵まれ良いタイミングで収穫することができました。穂の色も変色がなく青々とキレイです」

倉田様「収穫は8月上旬でしたね。ちょうど収穫後から2週間ほど雨が続きましたので、今年は運が良かったですね」

伊藤「全体的には上手く育ってくれたかなと思うのですが、1点気になることがあります」

~穂の太さのバラつきについて説明し考えられる要因をお聞きしました~

倉田様「ほうき草に当てはまるか分かりませんが、野菜でも時折、一部分だけ規格外の大きさに育ったりすることがあります。原種戻りなどと言われ、品種改良が進んだ種や苗の中で突如として現れます。今後は求めるサイズの苗から種を採種するなど工夫が必要かも知れませんね」
倉田様「また、原因が1つとは限りません。栄養を与え過ぎて全体的に大きく育っている可能性もありますし、栄養が足りず周りのほうき草が枯れてしまったことにより1本に栄養が集中してしまい一部だけ大きく育つケースもあります。大切なのは全体的にそういった傾向なのか、ある一部だけなのか、など広く色々な視点から観察することです」

プロならではの視点でアドバイスをいただき、改めて気が引き締まりました。さすがに奥が深いです。苗や種の時点で最終的な生育に影響が出ることは盲点でした。まずはできることから1つずつ要因を潰していきたいと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
帰りがけに今年お借りした畑に寄っていきました。
ほうき草を栽培していた頃とガラッと変わり、立派なキャベツが育っておりました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
収穫まではまだもう少しと言ったところでしょうか。
キレイな畑に丁寧な仕事の様子がうかがえます。

倉田様から適格なご意見もいただき、来年にむけてやるべき事も明確になりました。実験的に試したい栽培方法はいくつかありますが、一度に色々と手をつけると何が良くて、何が悪かったのか掴むことはできません。一歩一歩地道な取り組みは続きますが、簡単ではない道のりほど達成した時の喜びもひとしおかと思います。納得できるほうき草の栽培が確立できるよう突きつめて参ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 136

2021/10/14

10月11日   明治神宮に発送させていただきました    吾妻箒  

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


この日は、明治神宮秋の大祭にて奉納させていただく箒の発送準備をおこないました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
長柄・短柄の2種類を奉納させていただきます。
ほうきと合わせてパンフレットも同封します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
梱包時のポイントです。
中でほうきが動かないよう、持ち手部分をダンボールで固定します。

発送した箒は、11月1日~3日まで開催される明治神宮秋の大祭にて展示していただく予定です。読者様におかれましても、もし機会がございましたら、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 135

2021/10/11

10月7日   今年の紅あずまの様子は?    半田畑  

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


例年、年末に開催しているアズマ感謝祭。
多くのお客様にご来場いただき、大盛況のイベントとなっておりますが、残念ながら昨年に引き続き今年も開催を断念することになりました。
※2019年アズマ感謝祭の様子はこちら

感謝祭の催しの一つとして、焼き芋の無料配布をしておりますが、昨年は感謝祭中止に伴い、何か少しでも地域貢献できないかと考え、「子ども食堂」に収穫したサツマイモを寄付させていただきました。
今年も感謝祭は中止になったものの、紅あずまを使って何かできることがあるはず。そんな想いで10月上旬のこの日、紅あずまの出来を確認するため、畑を訪れました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、試し掘りです。
昨年は、長雨に悩まされた割に思いのほか豊作でした。
今年はどうでしょうか。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
お?


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
おお⁉


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
おお!
手元に感じる重みにびっくりです。紅あずまが立派に生長しております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
3ヵ所ほど試し掘りしましたが、いずれも順調そうです。
本番の収穫は天候を見ながら1~2週の間で実施予定です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
試し掘りの後は恒例の弦返しをおこない、耕運機で除草します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草栽培で使用した畑全体も耕運機で耕し作業完了です。

10月上旬にもかかわらず暑さが残る中での作業でしたが、紅あずまも順調そうで一安心です
畑の耕耘作業中、Tさんが「耕しても、耕しても雑草が出てくるね。放っておくとすぐに伸びてしまうから、早め早めに除草することが大切だね」とおっしゃっておりました。除草作業に関わらず、大変なことを何かと伸ばし伸ばしにしがちですが、改めてコツコツ作業する大切さを実感しました。
紅あずまの収穫は目の前です。今から収穫が楽しみです。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 134

2021/10/07

9月30日   花壇の様子が違います     コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日、枯れてしまったコキアで箒を作り、何もなくなってしまった花壇でしたが、雑草は日々生え続けるため、除草作業は続けておりました。
そんなある日、ふと見覚えのある姿が目にとまりました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
小さく細長い葉を広げている植物がお分かりになりますでしょうか。
近づいてよく見てみると・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
やっぱりそうでした!コキアが新しい芽を出しております。

箒作りのため、枯れたコキアを収穫しましたが、収穫前に種を落とし自生したようです。
来年の栽培用に種を採種しておりましたが、正直、芽が出るか不安でした。
しかし、落ちた種からたくさん芽を出している姿を見て安心しました。早くも来年のコキア栽培が楽しみです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
コキアの種の様子
非常に小さく、初見では種だと気づかず見逃してしまうほどです。

今回、花壇で発芽したのは9月下旬です。本来であればコキアは見頃を迎え、冬の訪れと共に枯れてしまうようです。恐らく今回発芽した芽も季節と共に枯れ行く運命かとは思いますが、それが自然の営みかと思います。発芽したコキアはそのまま育て、最後まで生き様を見届けたいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 133

2021/10/04

9月30日   今年も近づいてまいりました     吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


9月下旬、今年も例年に引き続き、明治神宮全国特産物奉献会様よりお手紙をいただきました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト

毎年、11月1日~3日までおこなわれる明治神宮秋の大祭にあたり、全国各地の特産物をご神前に捧げ、感謝の心を示す行事となっております。
弊社は、ほうき草栽培プロジェクトを開始した翌年より国産原料を使用した手編み箒の奉納を開始させていただき、今年で6年目を迎えます。奉納した箒は大祭期間中、境内に展示され多くの参拝客に回覧いただける良い機会となっております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
2019年 秋の大祭の様子

昨年はコロナウィルスの影響で参加できませんでしたが、2019年までは例祭にも参列しておりました。今年も例祭への参列は難しいかも知れませんが、多くの皆さまに吾妻箒を知っていただけるよう、丁寧に編み上げた箒を奉納させていただきたいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 131

2021/09/27

9月21日   コキアで箒作り②     コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


前回に引き続き、収穫したコキアを使った箒作りを紹介します。
今回は、残りのコキアを全て使用し、柄(え)付きの箒を作ってみます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
まずは竹の柄に穴を空け、加工します。
今回は柄の短いほうきを作製します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
穴を空けた部分に竹串を十字に通します。
竹串に穂(コキア)を絡めることで強度をつけ、穂抜けを防止する作戦です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
次に、余分な枝を払ったコキアを竹柄に沿って並べます。
気を抜くとコキアがズレてしまうので、慎重に並べていきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
コキアの根本を二箇所、銅線で締めあげます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
余った根本の茎をキレイに切り揃えて完成です。
見た目は、なかなか良い雰囲気に仕上がりました。

ホウキモロコシに比べ、コキアの茎は固いため、綿糸ではなく銅線や針金で強く締め上げるのがオススメです。
まだまだ書きたいことはたくさんありますが、次回に持ち越したいと思います。
次回はコキア箒の試し掃きの様子をご紹介する予定です。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 130

2021/09/20

9月13日   コキアで箒作り     コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


この日は、前回収穫したコキアを使用し、手作り箒を作ってみました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
まずは、枝に残った枯れた葉や種を指で摘まみながら取り除きます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
葉や種を取り除いた後の様子
柔らかな枝だけが残っている状態です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
束ねやすいように幹から枝を切り落とします。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
束ねた持ち手部分を麻ヒモで縛って完成です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
完成した箒の様子


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
当サイトで販売中のあづま手編みほうき手箒三玉と掃き心地を比べてみました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
コキア箒でゴミを集めた様子
穂の隙間からゴミがすり抜けてしまいました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
細かなゴミを掃除するには、写真のように穂を寝かして掃くと良いかと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草が原料のあづま手編みほうき手箒三玉で掃いた様子
掃き幅はコキアに比べ狭いのですが、穂が密な分、掃き残しはほとんどありません。

今回は細かなゴミ(ほこり)の掃き掃除を試したため、コキア箒の能力を存分には発揮できませんでしたが、もう少し大きなゴミ(落ち葉や木くずなど)をザックリ掃除するには良いかも知れません。また、穂を寝かして掃けば細かなゴミを集めることができ、見た目のナチュラルな雰囲気も良い味を出しております。手作りで楽しむには十分な箒ではないでしょうか。
収穫したコキアがまだ残っておりますので、次回は柄を付けた箒を作成してみたいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 129

2021/09/16

9月6日   久しぶりの生長報告です    コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


しばらく報告ができていなかったコキア(ほうき草)の様子ですが、前回から引き続き生長が思わしくありません。季節外れの長雨の影響か、害虫による影響か、はっきりした原因が掴めないまま最後の1本も元気を失ってしまいました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
10数本植えたコキアですが、枯れてしまい残り1本になり、


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
数日後、力尽きてしまいました。

本来であれば秋には真っ赤に紅葉し、冬の訪れと共に枯れていくようです。コキアで箒を作る際は、冬に枯れた草を束ねて作ります。
今回、紅葉を見ることはできませんでしたが、せめてもと・・・、ある程度のボリュームまで生長してから枯れてしまったコキアを使用し、箒を作ってみたいと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
枯れてしまったコキアの様子
収穫後は、日陰で乾燥させます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
枝の部分から種を採種することもできました。
枯れる直前、最後の力を振り絞り、種に栄養を残したようです。

今年のコキア栽培は、思うように育てることはできませんでしたが、来年に繋げる種を得ることができました。最後の最後で受け継がれた生命のつながりを大切に、来年こそは立派に育て、紅葉する姿が見られるようチャレンジしたいと思います。
次回は、収穫したコキアで箒作りをしたいと考えております。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 128

2021/09/13

9月8日   栽培に使用する器具をメンテナンスしました②  ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日に引き続き、この日もほうき草栽培に使用する機械のメンテナンスをおこないました。
今回は管理機(耕運機)をメンテナンスします。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
管理機は今年の栽培でもたくさん活躍していただきました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
まずは、機械内に残ったガソリンを抜きます。
ガソリンは長期間入ったままでおくと固形化し、機械の故障に繋がります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
次に、土を耕す歯の回転部分に潤滑油を吹きます。
回転をスムーズにすると共に、錆(サビ)を防止します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
耕耘により摩耗した歯にも潤滑油を吹き、錆を防止します。

以上で一通りのメンテナンスが完了です。このあと管理機にカバーを被せ、来年まで倉庫で保管となります。
来年のほうき草栽培はどんな点を改善しようかとメンテナンスをしながら考えました。
早くも来年の栽培が楽しみです。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 127

2021/09/09

9月3日   栽培に使用する器具をメンテナンスしました  ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


今年のほうき草栽培もひと段落し、栽培に使用した道具のメンテナンスをおこないました。
実は、今年最後の農薬散布の際に、噴霧器の取っ手が破損してしまいました。しかし、自分で修理できそうでしたので栽培のオフシーズンであるこの時期に直すことにしました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
シーズン終盤に取っ手が破損してしまいました。

特に壊れやすい使い方をしていた訳ではありませんが、およそ20a(アール)の畑を毎回、手動で散布しているため負荷が掛かってしまっていたようです。今までの活躍を労いながら修理をおこないます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
写真、赤丸部分のプラスチック部品が消耗により折れてしまったようです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
今回は、ハンドル部分に穴を空け・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ボルトでハンドルと柄を固定することにしました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
修理後の様子

簡単な修理ではありますが、ハンドルはしっかりと固定され、問題なく機能しました。
新しく買い替えることは簡単ですが、自分で修理することにより物持ちも良くなり、愛着も沸いてきます。
また来年の栽培でも、たくさん活躍してもらうことになると思いますので、綺麗に洗浄し、その時を待ちます。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP