-2021年ほうき草プロジェクト記事一覧-

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 118

2021/08/05

7月26日    収穫の後は脱穀作業です    浜北畑   ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


早朝からの収穫作業を終え、作業場に戻ってまいりました。
この後は、ほうき草の種を脱穀機で取り除きます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
収穫したばかりのほうき草の様子


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、脱穀作業開始です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
脱穀後の様子
穂の曲がりが強いほうき草はこの時点で取り除きます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
脱穀後は茎の長さを揃えて束ねます。

このあと、ほうき草は一旦日陰で保管し、次の工程へと移ります。
この日は1年振りの収穫作業でしたが、収穫から脱穀までスムーズに進めることができました。思えばこのほうき草栽培プロジェクトを開始した頃は、足踏み式の脱穀機で作業し、大変な思いをしたり、なかなか思い通りに作業が進まず行き詰ったこともありました。その都度、試行錯誤し工夫することで栽培方法を確立しつつあると感じております。
まだまだ、品質・作業効率ともに伸びしろは残っておりますので、追究していきたいと考えます。

今年の収穫はまだ始まったばかりです。暑さに負けず頑張ります!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 117

2021/08/02

7月26日   いよいよ収穫を迎えました  浜北畑   ほうき草栽培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


種まきから75日、いよいよ収穫の時を迎えました。栽培している最中は長く感じられた時間も、過ぎてしまうとあっという間です。
収穫の喜びを噛みしめながら1本1本刈り取ります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
朝5時、夜明けと共に作業開始です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
葉を剝ぎながら1本ずつハサミで刈り取ります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
収穫は短時間勝負です。
黙々と作業し、どんどん積み重ねていきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
作業開始から1時間、雲の隙間から太陽が照り付けてきました。
気温が上がりきる前に目標の分量までの収穫を目指します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
午前8時30分 目標にしていた分量(全体の3分の1)の収穫を完了

今年は、ほうき草の品質強化を目指し、数日間に分けて少しずつ丁寧に収穫をおこなっております。天候を見ながらこの後もあと2回、収穫をおこないます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
2名で作業して3時間半、予定よりもたくさん収穫できました。

収穫した感触では、出来も上々のようです。しっかり防虫もできており、生き生きしたほうき草の感触が作業中も伝わってきました。
この後は会社に戻って種の脱穀作業です。引き続き丁寧に作業して参ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 116

2021/07/29

ほうき草栽7月21日   こちらも忘れておりません  半田畑   番外編培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


前回、半田畑の作業に入った際に紅あずま(サツマイモ)の作業も忘れず実施しました。
土の中の様子を見ることはできませんが、見える限りにおいては順調に育っているようです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
左右に弦を広げる紅あずま


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速作業開始です。
伸びた弦を土から剥がし、ひっくり返していきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
この日も畝間の除草作業に入りました。
ほうき草を倒さないように注意しながら、耕運機を進めます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
返した弦の下を耕運機で除草します。
壁際は耕運機をぶつけないよう慎重な作業が必要です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
紅あずまの左右両側を2回ずつ耕耘しました。

サツマイモは掘ってみないことには出来栄えを知ることはできませんが、元気に育ってくれていると信じています。昨年は長雨にも負けず、予想以上の豊作でした。例年、収穫した紅あずまは感謝の気持ちを込めて地域の方々へ振る舞っています。今年も少しでも地域貢献・社会貢献ができるよう心を込めて育てて参ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 115

2021/07/22

7月15日   ぐんぐん生長しております  半田畑   ほうき草栽培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


苗の定植から1月半ほど経過し、生長いちじるしい半田畑です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
全体の様子
遠目から見ても立派に伸びている様子が確認できます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
生長が早い苗は穂先が広がり始めております。
今のところ出来栄えは良さそうです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
この日も畝間の除草作業に入りました。
ほうき草を倒さないように注意しながら、耕運機を進めます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
作業後の様子

全体を一通り耕耘しました。浜北畑から1週間ほど遅れてスタートした半田畑ですが、なぜか浜北畑よりも生長が早い様子です。土質や環境による違いか?定植前の苗の生長が良かったためか?要因は定かではありませんが、収穫時期を逃さないようこの後の生長にも注目していきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 114

2021/07/19

7月13日   事前確認は大切です     ほうき草栽培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


ほうき草の収穫を2週間後に控えたこの日、事前に脱穀機の可動確認をしておこうと思い、倉庫から脱穀機を引っ張り出してみました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
電動の脱穀機です。
およそ1年ぶりに出しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、動かしてみると・・・

写真では分かりづらいのですが、矢印の方向に奥から手前に向かって脱穀部分が回転しております。これでは脱穀した種が全部こちら側に飛んでしまい作業になりません。
実は、作業する磐田工場は昨年移転しており、新しい工場で脱穀機を可動するのは初めてでした。どうも繋いだコンセントの電流の向きが今までと違い、モーターが逆回転に回ってしまうようです。

モーターの回転を反対に戻すには、たしか銅線の向きを逆にすれば良かったと、はるか前に小学校の理科の授業で教わった気がします。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、コンセントカバーを分解し、左右の銅線を入れ替えてみました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
可動してみると・・・
見事、逆回転(手前から奥)に回り始め、一安心です。

この後、脱穀機を軽くメンテナンスし準備万端です。1年間使用していなくても問題なく動くだろうとは思っておりましたが、念のため事前に確認しておいて良かったです。ほうき草収穫の当日は収穫~脱穀までを1日で終える必要があります。実際に当日になって動かして脱穀機が逆回転したら、それだけでも時間をロスしてしまうところでした。改めて事前の準備・確認は大切だと実感しました。

いよいよ収穫を意識する時期となってきました。他にも準備不足が無いようしっかりと確認し、その時を待ちます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 113

2021/07/15

7月10日   こちらも農薬散布を実施しました 半田畑   ほうき草栽培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日の浜北畑に続き、半田畑も農薬散布を実施しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
半田畑のほうき草も順調に生長しているようで一安心です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
背丈は1メートルほどですが、穂が出始めている苗もあります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、農薬を散布します。
この日は、会社で事前にタンクに農薬を調合し持参しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
午前9時、既に気温は30度に達する勢いです。
熱中症に気をつけながら、1本1本丁寧に散布していきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
畑全体の様子
雑草も伸び始めており、翌週には除草作業が必要です。

順調に進み、2時間ほどで作業完了です。梅雨の中休み、急遽前日に作業を計画しましたが、無事実施できて良かったです。
しかし、雨で畑に入れない数日の間に、あっと言う間に雑草が伸びてしまいました。分かってはいましたが、手強い相手です。翌週には改めて除草作業に入る必要がありそうです。

収穫まで1カ月を切っております。最後まで気を抜かずに生長をサポートしていきたいと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
追伸;紅あずまも順調そうです

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 112

2021/07/12

7月6日   害虫対策をおこないました  浜北畑   ほうき草栽培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


2日だけ雨が上がった梅雨の中休み、この日を逃すと次に畑に入れるのがいつになるか分かりません。ぬかるみが残る畑に入り、ほうき草に農薬の散布をおこないました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草の背丈は1メートルほどまで生長しております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草の葉の様子です。
畑に入れなかった間に虫食いが進んでなくて良かったです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、タンクに水を汲み、農薬を調合します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草の葉と茎にまんべんなく農薬を散布します。

いつ雨が降り出してもおかしくない曇り空の下、急ピッチかつ丁寧に1本1本農薬を散布しました。本来であれば晴れ間が続く日に散布したかったところですが、昨年に引き続き数日間つづけての晴れ間は期待できそうもありません。
※せっかく散布した農薬も雨で流れ落ちてしまう可能性があるので、本来は雨の前には散布したくありません。

とは言え、何もしないよりは効果があると思いますので、何とか作業ができて良かったです。収穫前にはもう一度、農薬散布に入る予定です。不安定な天候が続きますが、やるべきことをしっかりと事前に準備して日々を過ごしたいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 111

2021/07/08

7月3日     さらに試練は続きます     コキア栽培    

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


7月上旬、全国的に大雨が降り、静岡県熱海市で大きな災害が起きてしまいました。現在も行方不明者の捜索と復旧作業が続いております。一日も早く日常生活が送れるよう、弊社としてもできることをしてまいります。被災された皆さまのご心労、ご負担が少しでも軽減されるよう心よりお祈り申し上げます。

伊藤の住む静岡県西部地区でも数日間に渡って大雨が降り続いておりました。
雨は少なすぎても、多すぎても我々の生活を大きく狂わします。ましてや植物においては尚更です。工場玄関先のコキアの様子も芳しくありません。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
少し雨が弱まったタイミングで花壇を確認しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
近づいてみると、どうも元気がない様子です。

コキアの栽培を始める前に調べた情報では、コキアは乾燥に強く、花壇に植えた後の水やりはほとんど不要とのことでした(※晴天続きの場合のみ、少し水を与えれば十分です)。逆に水のやり過ぎには注意が必要で、水を与え過ぎると根が腐ってしまうとのこと、今回は自然の雨によりダメージを受けてしまっているようです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
土を寄せて苗を起こしました。

何か出来ることをと思い、土を寄せて苗を起こしておきました。少しでも根の負担が和らぎ、回復して欲しいところです。
まだしばらく天候がすぐれない日が続きそうです。ほうき草(ホウキモロコシ)の栽培もそうですが、天候や自然を前にして人間ができることは何とも微力です。

しばらく畑作業にも入れていない浜北畑と半田畑の様子も気になります。梅雨の中休みで晴れてくれることを天に祈ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 110

2021/07/05

6月28日     ここが踏ん張りどころです    コキア栽培   

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


なかなか思うように生長しないコキアに悩まされております。この日も朝まで元気だった苗が夕方には枯れてしまいました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
枯れてしまったコキアの様子


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
原因を確認するため、萎れた苗を土から抜いてみました。

観察すると、どうも根っこが食べられてしまっている様子です。写真のように茎から上は残っておりますが、根っこがほとんど残っておりません。表面上は元気に育っているように見えておりましたが、地中で蝕まれていたとは盲点でした。

改めて植物の根っこを食べる蟻がいるかどうかインターネットで調べたところ、ここ10年ほどの間で、農作物の根や茎を食べる蟻が確認されているようでした。
蟻の名前は「トビイロシワアリ」というそうで、今回コキアを食べてしまった正体かどうかまでは掴めませんが、体長2.5㎜ほどの大きさなど特徴は似ております。
厄介なことに、現在のところ登録されている農薬は存在しないようで、蟻がつきにくい環境を作ることとコキアへ肥料を与えることでサポートするしか術が無いようです。
出来る限りのことだけはやろうと思い、一般的な蟻から防除する薬剤と化学肥料を追肥しコキアの頑張りに任せることにしました。


後日・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
何とか頑張って生長している様子

大部分が枯れてしまい、残り5本ほどになってしまいましたが、残っていた株は何とか頑張っているようです。肥料が効果あったのか、30㎝ほどまで元気に生長しております。

今回、本当に「トビイロシワアリ」の仕業だったのかどうかは、まだまだ検証が必要ですが、つい10年ほど前までは、農作物や植物を食い荒らす蟻は存在しないという認識が一般的だったようです。伊藤自身も今回初めて知ることができ、勉強になりました。
また機会があれば、浜北農家の倉田さんに見解などを聞いてみたいと思います。

何はともあれ、コキアもここが踏ん張りどころです。何とか元気に生長し、秋には真っ赤な紅葉が見られるよう期待したいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 109

2021/07/01

6月25日     2回目の中耕作業です   浜北畑    ほうき草栽培  

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


浜北畑は、前回の中耕作業から2週間経過しました。この日は管理機による2回目の中耕作業に入りました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草の様子です。
70㎝ほどまで伸びております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
株間・畝間ともに雑草も伸びてきております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、耕運機で畝間を耕します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
耕耘後の様子


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
畝間の作業後、株間の雑草を手作業で除草し、作業完了です。

感覚での判断のため間違っているかも知れませんが、今年は何となくほうき草も雑草もすくすく生長しているように感じます。梅雨に入ってはいますが、適度に晴れ間もあり、植物にとって良い環境なのかも知れません。このまま良い環境が続き、ほうき草も農作物も豊作であれば良いなと願っております。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP