-職人への道記事一覧-

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 106

2021/06/21

6月16日     なかなか大きくなりません      コキア栽培   

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


今年初めて栽培にチャレンジしているコキア(ほうき草)、花壇への植え替えから1カ月半ほど経過しました。枯れてしまった苗もあり、様子が気になります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
花壇の様子です。
遠目で見てもコキアが植わっていることが確認できますが、まだまだ小さいです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
近づいて撮影しました。
15~20センチほどまで生長している株もありますが・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
先日に引き続き、また枯れてしまった株もあります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
一見、元気そうな株ですが、気になるのが蟻の存在です。
コキアの上部に黒く群がっているのが分かりますでしょうか?

枯れてしまった株もつい先日まで元気そうでした。原因が蟻なのかどうか定かではありませんが、全滅だけは避けたいため、植物に使用できる防虫剤や殺虫剤の使用を検討したいと思います。
生長すると50センチほどまで大きくなるようですが、本当にこのペースでそこまで大きく育つのでしょうか。何から何まで手探りの状態ですが、ホウキモロコシの栽培を始めた頃もそうでした。壁にぶつかりながら、色々な方法を探り最良な手法を確立してきました。
きっとこの経験も後に何かの役に立つと信じ、コキア栽培も真剣に取り組んで参ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 104

2021/06/14

6月9日     日頃の作業を紹介します      吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


伊藤が日頃おこなっている作業の一つに、商品発送前の最終検査・手直しがあります。
先日、商品を購入されたお客様より厳しいご意見も頂戴したことから、より一層心を込めて準備しております。今回は日頃の作業を少し紹介いたします。

以前紹介したお客様からのご意見の内容はこちら↓↓↓
5月13日  改めて気を引き締めます 吾妻箒

当サイトでご注文をいただいた商品を発送する際、全ての商品を伊藤自ら検品・手直しを施し、発送しております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
保管状況により穂先にクセがついてしまった箒の様子


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシングで整えることができないクセは、一度、穂に水分を含ませます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
十分に穂先が柔らかくなった後、指先で優しくクセを整えていきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
新聞紙で水分を吸収しながら、ブラッシングで再度整えます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシング後は、風通しのよい日陰で1日以上よく乾燥させます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
最後に穂先をハサミで整え作業完了です。

今回ご紹介したような作業も日頃から対応しております。吾妻箒サイトではネット販売となっており、お客様に手に取ってご購入いただくことができません。このデメリットを払拭し、箱を開けた瞬間から「良い箒だな」と感じて頂けるような商品をお届けしていきたいと考えております。

今日も心を込めて準備いたします!

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 102

2021/06/07

6月2日    どうも様子がおかしいようです     コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


花壇への植え付けから1ヶ月、コキア(ほうき草)の様子がどうもおかしいようです。
一部の株で、葉がしおれ気味で元気がありません。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
元気がないコキアの様子

よく観察してみると葉の根本に小さな蟻がたくさんついております。写真では分かりにくいのですが、矢印の辺りに4~5匹ほどの蟻がくっついております。予備知識がなく、花も咲いていないコキアになぜ蟻が付くのか全く分かりません。インターネットでも調べてみましたが、明確な答えは見つかりませんでした。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
数日後、苗は枯れてしまいました

対応策も見つからず、気づいた際に蟻を掃っていたのですが、数日後に苗は力尽きてしまいました。蟻が原因だったのか?少し多めに降った雨で根が腐ってしまったのか?明確な答えは見つかりません。
引き続きその他の株に注目し、原因を調べ、対策を講じたいと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
順調に育っている苗の様子

順調に育っているコキアは10センチほどまで生長しました。
こちらの苗は蟻がついている様子がありません。枯れてしまった苗も葉や茎を食べられた様子はありませんでした。もしかしたら樹液を吸われていたのかも知れません。

いずれにしても残った苗を大切に育てていくしかありません。せっかくチャレンジを始めたコキア栽培です。冬にはコキアで手作り箒が作れるよう生長を見守っていきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 96

2021/05/17

5月13日    改めて気を引き締めます       吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日、こちらの吾妻箒サイトにて箒をご購入したお客様よりこんなメールを頂戴しました。

メール原文:
「小さいほうの箒が先がばらついているのが面白くありません。見て買うのであれば絶対買いません。信用して買っているんですから文句なしの商品を送ってほしいです。安くはない商品なんですから」

正直なところ今回の件をブログで取り上げるべきか悩みましたが、何も無かったことのようにはできません。ご意見をいただいたお客様も信用(期待)しているが故のご意見かと思います。

今回、商品はそのままご使用されるとのことで、現物の確認には至りませんでしたが、考えられる状況から対策を練ることにしました。
早速、ご意見につながった可能性を探るため、在庫品の状況を確認しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト

商品の中には一部、写真のような穂の曲がりが発生してしまう箒があります。こちらは元々原料に曲がりが出てしまっている場合や、海外生産品であれば輸入してくる際の運送状況により曲がってしまう場合があります。このような箒も含めて全て出荷前に検査し、ブラッシング作業をして穂先を整えてから、お客様に向けて発送させていただいております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシング作業後の様子

このような状態で発送させていただければ、ご満足していただけると考えておりました。
しかし、ブラッシング作業から3日ほど時間が経過した商品を確認してみたところ・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ブラッシング作業から3日ほど経過した同じ箒の様子

写真のように若干ですが、ブラッシング作業前の状態に戻りつつありました。これはブラッシングして整ったように見えておりましたが、穂グセ(曲がり)が強く、時間の経過とともに元の状態に少し戻ってしまったことが原因と考えられます。
もし、このような状態であれば、お客様にご満足いただけなかったことも納得です。
対策として、穂グセが強い箒は以前ブログでも紹介したように穂先にしっかりと水分を含ませたうえで、ブラッシング作業にて整えるよう改善したいと思います。

以前紹介した穂先の整え方はこちら↓↓↓
ほうき職人がおすすめする箒のお手入れ方法

今回の件につきまして、具体的な作業の改善も必要ですが、今一度お客様のご期待に応えられているか考え直す良いきっかけとなりました。もちろん今までも軽い気持ちで取り組んできた訳ではありませんが、まだまだ甘かったと反省しております。

お客様のご期待に応えられるよう、精進して参りたいと思います。引き続き、宜しくお願い致します。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 94

2021/05/10

4月30日     花壇に苗を植え付けました    コキア栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日、種まきをおこなったコキアです。種まきから10日ほど経過しましたが、少しずつしっかりした姿になってきました。この日は待ちに待った花壇への植え替え作業です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
植え付ける花壇です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
まずは、土を耕しながら雑草を根っこごと除去します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
生長後の見栄えも考慮し、一定の間隔を空けながら植え付けます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
15本ほどの苗を植え付けました。
最後に看板を設置して記念撮影です。

プランターで育てている時から苗の小ささに不安を感じていたのですが、花壇に植え付けるとより一層小さく見えます。無事に根付いてくれると良いのですが、こればかりは見守るしか術はありません。

ゴールデンウィーク明けには少し立派になった姿が見られると良いです。期待と不安が入り混じる中、この日の作業を終了しました。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 92

2021/04/29

4月23日    発芽を確認しました    コキア栽培  

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


最近、出社したらコキアの様子を確認することが日課となっております。
種まきから3日後のこの日、わずかに土から顔を出したコキアの芽を確認することができました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
すごく小さな芽が顔を出しました。

発芽するまでは日が当たらない倉庫内で育てておりましたが、光量が少ない室内では写真に映らないぐらい細く小さな芽です。発芽後は日向に出し、生長を促します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
4月26日の様子

発芽確認から更に3日後の様子です。カイワレ大根のような細く長い芽が空に向かって伸び始めました。風が吹くと飛んでしまいそうなくらいか細く見えますが、頑張って大きくなろうとしているようで、愛らしく思えます。

もう少し大きくなり、根が張り始めたら花壇に植え替えたいと考えております。種が非常に小さく、しっかりと発芽するか少々不安でしたが、元気に育っている姿が確認でき、安心しました。
今後の生長にも期待できそうです。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 91

2021/04/26

4月20日    コキア(ほうき草)の種を蒔きました    ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


先日、花壇の看板も無事に完成し、この日はコキアの種まきをおこないました。
コキアの栽培は今年はじめての試みです。どのように育つのか楽しみです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ホウキモロコシと同様にポット苗で育ててみます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
まず、土を7割ほどの深さまで被せます。
最終的には10本ほどの植え付けとなりますので、トレイは半分ほどを使用します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
1粒ずつ種を蒔きます。
思ったよりも小さかったです。0.5㎜ほどしかありません。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
最後に上から土を被せます。
この後、たっぷりと水を与えて作業完了です。

発芽までは常に土が湿っていることが重要です。このあたりはホウキモロコシや他の植物と同じです。様子を見ながら朝夕たっぷりと水を与えて育てます。
順調にいけば3~4日で発芽の確認ができるかもしれません。期待と不安が入り混じる思いでその時を待ちます。

今年はホウキモロコシとコキアの2種類の「ほうき草」の生長を発信していきたいと思います。みなさまにも一緒になって育てている気持ちになっていただけるよう、日々の様子を紹介していきます。ご期待ください。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 90

2021/04/22

4月19日    コキア(ほうき草)の栽培準備です    ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


この日は、コキアの種まきの事前準備をおこないました。
先日ご紹介したように、コキアは当社磐田工場の花壇で栽培します。栽培の取り組みが来客者にも周知されやすいように看板を作成することにしました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
看板作りの材料です。

もちろん今回も、廃材を利用したDIYで完成を目指します。
こちらは、規格外の木製パレットです。通常であれば他社様でリユースされたり、廃棄されたりしますが、今回は看板作りの材料として再利用いたします。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
パーツを丁寧に取り外します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
キレイな部分を選び切り出して、ヤスリを掛けました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ラミネートした文字を接着剤で木材に張り付けました。

狙った訳ではありませんが、ほどよい文字のズレが逆に手作り感を引き出して、良い雰囲気に仕上がったと思っています。

この後、透明のラッカースプレーで全体に防水処理を施し、組み立てたら完成です。
準備万端で、次回はいよいよコキアの種まきです。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 89

2021/04/19

4月9日    5S活動をおこないました      吾妻箒 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


新年度がスタートし伊藤の住む静岡県では、日中だいぶ気温が上がる日が増えてきました。
暖かくなるにつれ気分も上向きになりますが、忘れてはいけない厄介な存在が雑草です。
この日は時間を作り、工場の従業員で工場周りの5S活動を実施しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
駐車場の草取り


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
側溝のゴミ拾い


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
伸びた垣根の剪定をおこないました


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
コキア(ほうき草)を植える予定の花壇もキレイに除草しました

1時間ほどで作業が完了しました。普段の掃除では行き届かない除草作業や剪定作業をおこない、気分も晴れやかです。前回まとまって作業したのは昨年末の大掃除だったと思いますが、特に雑草の生長が早く、毎回驚かされます。

5S活動とは「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」の頭文字Sを取った言葉です。「整理、整頓、清掃、清潔」までは思い出せるのですが、「しつけ」まで出てこない方も多いのではないでしょうか。「しつけ」と言うとどうも圧力的な響きもありますが、やはり普段からキレイにする習慣をつけることが清潔な環境を維持するために大切なことだと思います。実際はなかなか難しいのですが…。

何はともあれ、みんなで自分たちの職場環境を整え爽快な気分です。お掃除用品メーカーとして恥ずかしくないよう、今後も5S活動に力を入れていきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 88

2021/04/15

4月12日    こちらも栽培の準備スタートです      ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


今年のほうき草(ホウキモロコシ)は、5月上旬の種まきに向けて準備を開始しております。
以前紹介したように今年はもう1種類のほうき草(コキア)の栽培にもチャレンジしてみたいと考えております。

以前紹介させていただいたコキアについてはこちら↓
11月18日 ほうき草ってどんな草? ほうきの豆知識


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
コキアの種を入手しました。
ホームセンターなどで手軽に購入できます。

ホウキモロコシ同様に4~5月が種まきに最適なようです。花壇に直接植えても良いようですが、間引きや植えなおしの手間を考えて、ポットで栽培し植え付ける方法で栽培してみたいと考えております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
植え付け予定の花壇の様子

伊藤が普段活動している磐田工場の入口にある花壇を使用することになりました。
現在は何も植えられておりませんが、無事に大きく育つでしょうか。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
土の様子

調べてみると、コキアもホウキモロコシ同様に育てやすく生命力が強い植物のようです。
水はけが良い土であれば、特に土壌は選ばず順調に育つようです。
こちらの花壇の土を観察してみましたが、ほどよく砂が混ざり水はけも問題なさそうで、期待できます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
用意する苗の数を検討します。

株間(苗と苗の間)は40㎝以上空けることが望ましいようです。大雑把に植えても生長には問題なさそうですが、会社の入口付近に植え付けるため見栄えも考え、均等に植え付けたいと思います。
計測すると、10メートルほどの広い花壇なので、50センチ間隔で20本ほどの植え付けをおこなう予定です。

この日の最高気温は17度と少し肌寒さを感じます。発芽の目安となる気温は20度のようですので、少し様子を見ながら種まきをおこなう予定です。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP