-職人への道記事一覧-

もう一つの新たな道へ 箒職人を目指して①

2019/04/25

江戸時代に発明された座敷箒は、明治、大正、昭和と時代が下るにつれて隆盛を極め、それぞれの箒職人が箒を極めるべく、受け継がれた箒づくりに自分なりの特色を加え、競い合い、技に磨きを掛けてきました。

しかし戦後、生活習慣がガラッと変わり、箒づくりは衰退の一途を辿ります。
平成が終わろうとしている今、日本に在住する手編み箒職人の数は十指に満たないと思われます。

ただ、今なお箒づくりに励んでいる職人の中には、培ってきた技や想いを自分の代で絶やしたくないという方もいらっしゃいます。

様々な想いが交錯する中、ほうき草プロジェクトを推進しているあるメンバーから、「手編み箒を作りたい」という申し出がありました。彼は、ほうき草プロジェクトを通じて様々な方と接するうちに、ほうき草だけでなく、日本特有の箒づくりを絶やしてはいけないという気持ちが沸々と湧いてきたようです。

採算を考えると、彼の行動は認められるものではないかもしれませんが、彼の想いも充分理解できます。

「こんな企業があってもいいんじゃないか」。会社は後押しすることにしました。

今後、彼が一人前の箒職人になるまでを随時ご紹介したいと思います。

新たな道へ まずは箒の歴史を振り返ります。

2019/03/14

ほうき草を使った箒(ほうき)を一般に座敷箒といいます。主には畳を掃くために用いられていたことからこの呼び名が生まれたようです。

ご存知かもしれませんが、座敷箒は江戸時代中期、畳の普及とともに広がりました。それまでの主流の箒といえば、棕櫚箒です。文字通り、棕櫚の木から取れる繊維を取り出した箒で、弘法大師が中国から持ち込んだともいわれています(残念ながら、これは異なるという説が有力ですが・・・)。


新たな道へ
こちらが棕櫚箒です。

棕櫚箒が得意とするのは板間(フローリング)で、穂に含んだ油分により、掃けば掃くほど「つや」が出ます。

ただ、畳のように編み込んだところに食い込む力はなく(それにポロポロ、繊維がちぎれます)、畳には不向きでした。

そこで登場したのが座敷箒です。適度なしなりと弾力性があるので畳を掃くのに持って来いということで一気に広がりました。

時が過ぎ、戦後座敷箒に新たな箒が生まれました。それがカバー箒です。ほうき草を使う点は同じですが、箒の作り方が異なります。カバー箒が生まれる前の箒はすべて「手編み箒」といい、箒の茎部分を手で編み込んだ箒を指します。一方カバー箒とは箒の茎で編み込まず、穂先だけを束ねて作り上げた箒のことを言います。


新たな道へ
こちらがカバー箒です。


新たな道へ
こちらが手編み箒です。

どちらも一長一短がありますが、現在日本に普及している座敷箒はこの2つのタイプに大別されます。

今年はこの2つのタイプにそれぞれ異なる視点からチャレンジしたいと思っています。どのような道が広がっているのか、まだ分かりません。これから皆さまと一緒に道を作っていきたいと思っています。

浜松では小鳥のさえずりが心地よく、春の訪れを感じています。

最近よく散歩する四ツ池公園ではカワセミが木にたたずみ、じっと池を見つめていたりします。

同じ場所を散歩し続けていても日々風景は異なり、新しい発見があったりして、その時その時を楽しんでいます。
(鶯やメジロなど、鳥の声の違いがだんだん分かるようになってきました。)

さて、今年のほうき草プロジェクトもいよいよ「はじまり」の時期が迫ってきました。

今年はほうき草を通じて、様々な方と新規プロジェクトを始めたいと思っています。

今年も宜しくお願い申し上げます。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP