-浜北畑記事一覧-

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 105

2021/06/17

6月8日     油断大敵です。浜北畑      ほうき草栽培  

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


梅雨の中休み、この日は、浜北畑の作業に入りました。
ほうき草の苗の植え付けから2週間、そろそろ雑草の存在が気に掛かります。2年前の2019年のほうき草栽培では除草作業が遅れ、痛い目を見ております。その時の反省を生かし、油断なく畑を管理したいと思っています。

2019年の失敗談はこちら↓↓↓
ほうき草プロジェクト(浜北畑)⑦ 油断してしまいました


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ほうき草の様子です。
概ね順調に成長している様子に一安心です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
予想通りほうき草の周辺に雑草が顔を出し始めております。
早速、除草を開始します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
管理機と呼ばれる小型の耕運機で畝と畝の間を耕していきます。
畝と畝の雑草を土ごと耕しながら、耕した土を苗の周りに盛り上げます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
耕耘後の様子
土を盛り上げることにより、ほうき草の周りの雑草に土が被ります。
この一連の流れにより、雑草に光が遮られ、生長を抑制する効果があります。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
休憩を挟みながら3時間ほど、ようやく全体に作業が行き届きました。

くもり空とは言え、梅雨どき特有の蒸し暑さに苦戦しました。しかし、まだまだここからが本番です。暑さのピークと生長のピークが重なるほうき草。しっかりと体調も整え、収穫を目指します。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 101

2021/06/03

5月26日    ほうき草の植え付け作業 浜北畑    ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


種まきから18日目、この日はいよいよ畑にほうき草の苗を植え付ける作業です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
圧巻の広さです。
せっかくですので、管理しやすいよう少し贅沢に使わせていただきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
作業は例年通り、2人1組でおこないます。
前方を歩く1人が苗を落としていき・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
後方から苗を植え付けながら追いかけます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
しっかり根付くよう、1本1本丁寧に植え付けます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
この日は終日くもり空でした。
天候にも助けられ、無事作業を終えることができました。

一緒に作業をおこなったメンバーは慣れない作業で大変だったようですが、整然と並んでいるほうき草を見て充実感に満ちた顔をしておりました。
まだまだ小さいほうき草ですが、しっかりと根付き大きく生長して欲しいものです。相談役の農家の倉田様からも「ほうき草が大きくなる前に、雑草をいかに除去できるかが生長のポイント」とアドバイスいただいております。小まめに除草し、ほうき草の生長をサポートしていきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 100

2021/05/31

5月17日    発芽の状況が良くありません     ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


種蒔きからおよそ1週間、ほうき草の発芽状況があまり良くありません。発芽していない部分の種を諦め、追加で種を蒔く判断をしました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
発芽した苗は順調に生長しております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
何とも寂しい苗床が見受けられます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト

少しでも早く苗の生長が追いつくよう、大急ぎで追加の種を蒔きます。
芽が出ていない苗床に穴を空け、一粒ずつ丁寧に種を落としていきます。この際、全て蒔き直した方が効率の良い気もしますが、せっかく発芽している苗も大切に育てたいため、不足部分を補うこちらの方法で作業を進めます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
余っていたプランター分は、新たに一から追加で種を蒔きました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
20枚(およそ6000株)のプランターを作業しました。

追加分も何とか無事に発芽し、既に発芽している苗と共に元気に生長して欲しいものです。苗の植え付け予定まで残り10日ほどです。追加で種を蒔いた分は、不足分を補う役回りになりますが、この後も丁寧に育てていきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 99

2021/05/27

5月13日    ホウキモロコシの芽がでました     ほうき草栽培

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です!

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?

前回の種まきから5日目、そろそろ発芽を確認したいところです。ここのところ毎日ワクワクしながら出社し、苗床を見つめる日々が続いております。
この日も日課の水やりに訪れると・・・


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
芽がでております!
ほんの一部のみですが、小さくも力強い芽が顔を出しております。この瞬間は何度経験しても嬉しいものです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
近づいて撮影してみました。
まだまだ小さく、しっかり見ないと見過ごしてしまうレベルです。 
その後も天候に恵まれ、ぞくぞくと芽がでてきました。
 


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
更に2日後の様子
毎度ながら生長スピードに驚かされます。あっと言う間に背丈が伸びてきました。
まだまだ芽が出ていない部分と大きく生長している部分の差はありますが、だんだん生えそろってきています。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
少し遠目から撮影した様子です。
 

発芽の確認ができる割合は全体の半分ほどでしょうか。発芽していない部分の生長が気になります。もともと種の発芽率があまり良くないほうき草、昨年の長雨による種の生長不良も懸念されます。
あと2、3日ほど様子を見て、発芽状況の悪い苗床については追加で種の蒔き直しが必要です。
過去の経験から簡単に進まないことは想定内です。経験を活かし柔軟に対応していきたいと思います。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 95

2021/05/13

5月8日  ほうき草(ホウキモロコシ)も栽培スタートです   ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


5月の連休明け、本命のほうき草(ホウキモロコシ)も栽培スタートです。
昨年は梅雨が長く、収穫タイミングで天候が思わしくない日が続きました。今年は昨年の経験を活かし、10日ほど種まきのタイミングを後ろにズラしました。もちろん年により天候はまちまちですので、思惑通りに進まないかもしれませんが、梅雨明けに収穫時期が迎えられるよう天に祈りたいと思います。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
早速、苗床を用意します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ホウキモロコシの種です。
先日のコキアの種と比べると10~15倍ほどの大きさのように感じます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
1粒ずつ手で種を蒔きます。
根気のいる作業ですが、既に毎年の恒例行事となっております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
2センチ角ほどの穴に種を落としていきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
最後に上から土を被せ、水をたっぷりとあげたら作業完了です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
鳥にいたずらされないよう、しっかりと防鳥ネットを被せます。

天候にも恵まれ、予定通り作業完了です。
およそ60枚のプランター(17,000株)を作業しました。全てが上手く育つ訳ではないので多めに準備しておくことが重要です。

例年通りであれば、1週間ほどで発芽の確認が取れるはずです。無事に発芽してくれることを祈ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 93

2021/05/06

4月28日    今年の畑が決まりました    ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


国産ほうき草栽培を復活させ、今年で7年目の栽培を迎えようとしております。
今年も地元浜松市で畑をお借りし、浜松産のほうき草を栽培してまいります。
この日は、今年使用する畑の確認に向かいました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
畑の様子です。
広さは20a(アール)弱と昨年と同規模です(1アール=100㎡)。

今年も昨年からタッグを組んでいる、浜松市浜北区の倉田農園様に引き続きサポートいただきます。倉田様と一緒に、今年お貸しいただける畑を確認していきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
広さは十分。
畑の周りもキレイに整備されております。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
水やり用の水栓も備わっており、至れり尽くせりです。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
道路から農道に続く道の様子です。

作業の際に搬入するトラックや乗用車の駐車スペースも重要なポイントです。少し狭いので注意が必要ですが、道路から農道に入れる道が続いており、駐車スペースは十分確保できそうです。時期的に雑草が青々と茂る季節です。作業開始前に畑周りの雑草を一度キレイに刈り込み、作業環境を整える予定でおります。

畑も決まり、いよいよ始まるなと実感します。畑いっぱいに元気に育つほうき草を見るのが今から楽しみです。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 82

2021/03/25

3月22日   簡易ビニールハウスのDIY②     ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


前回に引き続き、簡易ビニールハウス作成の様子を紹介します。前回は土台となるアルミパイプを組立式に加工しました。今回はアルミパイプに支柱を立てる穴を空けていきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
電動ドリルで穴を空けました。
竹や木材ほどではありませんが、アルミも加工が容易におこなえます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
支柱が立てられるよう、サイズを調整しながら10個の穴を空けます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
穴あけが完了しましたので、早速組み立ててみたいと思います。
分解できるため、軽々と持ち運べます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
ジョイントの線に合わせて2本のパイプをつなぎ…


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
先ほど空けた穴に支柱を立てれば…


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
あっという間に骨組みが完成です。

実際に使用する際には、この後、骨組みの上からビニールシートを被せれば完成です。
地面に直接支柱を差しても良かったのですが、苗を移動したり、水やりの際の開閉のしやすさを考慮してこの形にしました。思ったよりも良い出来栄えで満足です。

苗作りのスタートまであと1ヶ月ほど期間はありますが、スムーズに栽培がおこなえるよう事前準備を念入りにおこなっていきます。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 81

2021/03/22

3月18日   簡易ビニールハウスのDIY     ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


この日は、前回測定した寸法を基に簡易ビニールハウス作りを開始しました。手作りと言うほど大げさな物ではありませんが、使い勝手を考え、簡単に組み立てられる構造のビニールハウスを作っていきます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
今回は、こちらの廃材アルミパイプを再利用します。

まずは余分なパーツを切り落とし、必要な部分のみ生かしていきます。ビニールハウスを設置するときの持ち運びや、水やりの度に動かすことを考えると、なるべく軽量化しておきたいところです。
採寸時点では小型のビニールハウスを2個作る予定でしたが、廃材パイプの寸法の兼ね合いで、2本のパイプをつなぎ、中型サイズのビニールハウスを1個作るように変更しました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
2本のパイプをつなぐパーツは、同じく廃材の竹を再利用しました。

せっかく2本のパイプをつなぐ仕様にするならばと、2本のつなぎ目は竹のジョイントを使用し、組立・分解が可能な作りとしました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
2本をジョイントした様子です。

写真ではうまく映っていないかもしれませんが、なかなか上手に1本のパイプのようにつなげることができました。これで3メートルほどの横幅を確保できました。アルミパイプなので取り扱いも容易にでき、満足です。

今回、廃材の寸法の兼ね合いで予定を変更し対応しましたが、限られた材料や条件の中での物作りは、とても面白いです。きっと手編み箒を最初に考案した人も、作り始めは同じような感覚だったのではないかと想像します。規格品や便利な物が溢れる世の中ですが、不自由や失敗から新しいアイデアが生まれると思いますので、今後も創意工夫し活動していきたいと思います。

さて、次回は完成したパイプに穴を空け、支柱を組み立てられるように加工していきます。ぜひ完成までお付き合いください。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 80

2021/03/18

3月16日   事前準備をスタートします     ほうき草栽培 

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


3月も中旬に差し掛かり、暖かく感じる日も増えてきました。気温が上がってくると今年もほうき草栽培の時期がやってくるなと実感いたします。この日は栽培に向けて事前準備をスタートしました。
ほうき草を栽培するにあたり毎年、何かしらの実験的な要素を含みながら栽培を続けております。本格的に栽培を始め6年目を迎えますが、まだまだノウハウの蓄積が必要です。

以前のブログでも紹介しましたが、今年は苗作りの工程で一部ビニールハウスでの生長促進を試してみたいと考えております。簡易的な小型のビニールハウスを手作りするべく採寸をおこないました。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
アーチ状の支柱を立て、ビニールシートを被せる予定です。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
必要な寸法を計測します。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
奥行65㎝、幅200㎝ほどのハウスを2個作る予定です。

水やりの際にビニールシートを開け閉めする手間も考慮し、苗床プランターを2枚並べた奥行が作業効率的にも良さそうです。プランター12枚、3000株分ほどですが生長の変化を試験できるよう、早速必要資材を用意し準備を進めて参ります。

箒職人を目指して 伊藤さんの日誌から 64

2021/01/21

1月21日    良質な箒草を求めて④    ほうき草栽培   

海外に生産を移行して50年。
日本の箒(ほうき)づくりは斜陽の一途を辿り、今では十指に満たない職人しかいないと言われています。
日本伝統の箒づくりを途絶えさせないために、師匠の教えを守りながら今日も奮闘中です! 

一流の箒職人を目指す伊藤さん、今日の様子は?


今年のほうき草栽培計画を練るにあたり、今一度、過去の栽培経験から培った重要なポイントを洗い出してみました。
大きく分けて4つのポイントがあり、今回は4つ目のポイントを紹介いたします。

④収穫方法の検討


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
脱穀前の様子
収穫したその日の内に全ての種を脱穀します。

ほうき草の収穫は例年7月の中旬~下旬にかけておこなわれます。
早朝、夜明けとともに畑に入り収穫した箒草は、その日の内に脱穀機で全ての種を取り除く必要があります。
※なるべく早く脱穀しないと穂の部分にこもった熱で穂が変色したり、刈り取ったことで種に栄養を運ぶ動きが強くなり(穂から栄養が吸い取られ)、穂先が固くなってしまいます。


箒職人を目指して ほうき草プロジェクト
脱穀作業の様子

収穫の日は人員を多く配置し、人海戦術での作業となります。それでも15~20アールの畑を収穫、脱穀し終えるのに12時間ほど掛かってしまいます。どうしても時間との勝負になってしまい、作業が雑になってしまっていると感じております。

そこで今年は、収穫作業を1週間の内に何日かに分割し、1日ごとの収穫量(作業量)を減らすことにより、より丁寧にほうき草を扱えるよう時間配分してみようと考えております。せっかく収穫できても穂の質が落ちてしまったり、使えないほうき草が増えてしまっては意味が無くなってしまいます。
まずは納得できる質を突き詰め、その上で効率化を図っていきたいと思います。

今回まで4回に渡って伊藤が考える箒草栽培のポイントと、今年の意気込みを発信させていただきました。四季のある日本では年に1回しか栽培できないほうき草、毎年「今年も上手く育つかな?」と不安になりますが、毎年続けてチャレンジできることに感謝し、今年も精一杯取り組んでまいります。

箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで箒を知る|ホウキの歴史/座敷箒が誕生するまで 商品一覧|商品一覧商品一覧|商品一覧 吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴吾妻箒とは?|吾妻箒の歴史と特徴
PAGE TOP